THE BOYS&GIRLS「イヤホンの向こうへ」ラジオ番組で熱いライブ

THE BOYS&GIRLS「イヤホンの向こうへ」ラジオ番組で熱いライブ

THE BOYS&GIRLS「イヤホンの向こうへ」ラジオ番組で熱いライブ

札幌在住の4ピースバンド・THE BOYS&GIRLSが、3月7日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。パーソナリティのとーやま校長とあしざわ教頭が見守る中、ライブを披露しました。



「イヤホンの向こうのお前のために歌っている」と1曲目に届けたのは「札幌」。熱唱したボーカルのワタナベシンゴさんは、「この曲をどうしてもやりたかったので、最初にやりました」とコメント。あしざわ教頭は「みなさんが放たれた野犬かのように突然動き出したんで、とんでもない熱量だなって思いました!」と、熱いステージを振り返りました。

ここから番組はトークパートへ。「どんな学生生活を送っていたんですか」という質問に、ベースのソトムラカイトさんは「友達がほとんどいなくて、これといった思い出は無いんですよね(笑)。卒業式も一番早く帰りました」と回答。ドラムの「カネコトモヤさんは「僕は、このままの感じだったんですけど……。高校のときはバンドをやりたくて仕方がなかったんですけど、バンドを組む人もいなければ部活を一生懸命やっていたので時間もなかったです。そのまま大学に行って『自由だー!』と思ってサークルでバンドをやり始めたら、2年留年してお母さんに怒られました(笑)」、ワタナベシンゴさんは「小学校から野球をやっていて、高校に入ったときは力もないし体も小さいので野球部に入るのを諦めていたんですけど、野球部の友達が誘ってくれたのでずっと野球をやっていました。(音楽で食べていこうとは)全く考えていなかったですね」と語りました。



この日の番組テーマはTHE BOYS&GIRLSの楽曲「卒業証書」にちなみ、『私に贈る卒業証書』。“いじめにあっていたが中3で友達や好きな先生ができ、その1年間は楽しかった”という女子リスナーとは直接電話を繋ぎ、このリスナーに向けて「ライク・ア・ローリング・ソング」と「東京」の2曲を演奏。また“高校に入ったものの頑張り過ぎて心と体のバランスが崩れ退学してしまったが、同級生の卒業式には保護者席から参加しけじめをつけた”という18歳の女子リスナーには、「歩く日々ソング」を届けエールを送りました。



番組最後にはワタナベさんが、
「今から俺が言うこと、めちゃめちゃクサイって思うかもしれん、綺麗事って思うかもしれん。だけど、俺は堂々と言います。今、どこにいる? 布団の中か、外か。親と喧嘩して家に入れなくて外にいるか。友達といるか。もしかしたら、頑張ってるバイト帰りかもしれん。部屋の学習机の椅子に座ってるかもしれん。俺たちは今、音楽室にいる。君がいる場所がここからじゃ分からない。見えないんだ。
だけど、今、君がそこにいる場所が、君の名前が、君の心臓が、ライブハウスの名前です。
そろそろ帰る時間だ。青信号がパカパカ点滅してたら、無理して行くな。立ち止まったっていい。無理して行かなくていい。赤でもゆっくり待って、青になってすぐ行かなくてもいい。もう一回、次の青が来るまで待ったっていい。
そんなことを、この学校(番組)に届いてる生徒の文字や言葉を見て改めて思いました。そろそろ片付けて帰ろう。今、俺の目の前に校長と教頭がいる。この二人のためにやりに来たんじゃない。今、イヤホンの向こう、スピーカーの向こうにいる、君に用があって来た。またもしどこかで会えたら、その時はガッチリ握手を交わして、またくだらない時間を過ごせたらと思う。だから、また生きて会いましょう。THE BOYS&GIRLSでした。どうもありがとう!」
と、リスナーに語りかけ「卒業証書」と「あすなろたち」の2曲を熱いライブで届けました。

なお、演奏中に放送が終了してしまった「あすなろたち」は、3月9日放送分で改めてオンエアされました。

----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2018年3月15日(木)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:
月〜木曜 22:00〜23:55
金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/

関連記事(外部サイト)