サカナクション山口 2018年に注目されそうな音楽は?

サカナクション山口 2018年に注目されそうな音楽は?

サカナクション山口 2018年に注目されそうな音楽は?

サカナクションの山口一郎が、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。2018年に日本でブレイクしそうな音楽の傾向について考えてみました。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! サカナLOCKS!」12月14日(木)放送分)



山口:2018年はどんな音楽がリスナーに注目されそうかと言うと……僕はまだ音楽業界の中でフェスの影響はあると思うんですよ。フェス対応する(音楽フェスでの盛り上がりを考える)ミュージシャンはどんどん強くなるけど、(2017年にブレイクの)米津玄師さんはフェスにあまり出ていなかったんですよね。だからフェスっていうものの対応が、変わっていく時代の始まりなんじゃないかと思っている。「フェスで盛り上がる」、「楽しい」っていうのだけではなくて、「本人に会える」、「生の歌を聴ける」っていう、普通にライブに行く感想。盛り上がるだけじゃなくて、ワンマンのコンサートの感想を求めてくる人たちも増えてくると考えると、もう少しダウンテンポなものも出てくるんじゃないかな。

あと、back numberとかの歌モノが、もう一回席巻してくる気はちょっとするかな。あとは、結構がちゃがちゃした……サザンオールスターズの初期とか、ああいうバンドが出てくる気がするんですよ。モダンチョキチョキズ……ってみんな知らないと思うけど、モダチョキとかが出てきた時(1989年〜)って、どこかそういう風潮があったんですよ。なんか固まっていたものをミックスして壊そうとしていた時代……米米CLUBとかね。そういう特殊なグループみたいなものが出てきそうな気がする。それはもうちょっと先かもしれないけどね。

予言するけど、そろそろ多国籍バンドが出ると思うよ。東京だと、小学校、中学校、高校でも、いろんな国籍の人が混ざりあっている地域があるから。HIP HOPのシーンとかはもう始まっているけど、バンドとしての編成でも多国籍なものが……既にあるけど、出てくる気がするし、日本人だけど英語で歌うっていう……。そして、日本だけじゃなくて海外で評価されるっていうのが来る気がします。
なんでかっていうと、オーストラリアとかニュージーランドって面白いミュージシャンが多いんですよ。英語圏でヨーロッパとアメリカの影響を同時に受けるんですね。その中でミックスされて、オーストラリアやニュージーランドの独自の空気の中で再編集されるんです。だから変わったいいバンドが多い。日本では英語を喋れる人が大半ではないからまだそこのミックスはされないし、だから日本の歌謡曲が主流になり続けていてそれしかない状態になっているけど、これがもっと英語が身近になってくるほどミックスされるようになるし、古き良き音楽を簡単に手に入れられる時代になっているからこそ、どんどん面白くなっていくんじゃないかなっていう気がしてる……。それは2020年以降だと思います。YMO以来の、第二第三の世界に評価されるバンドが出てくるじゃないかと思っています。ニュータイプのアイドルとかも出てくるんじゃないかなって気もしますね。

----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2017年12月22日AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:
月〜木曜 22:00〜23:55
金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/

関連記事(外部サイト)