新感覚アイスケーキ「アントルメグラッセ」とは?

新感覚アイスケーキ「アントルメグラッセ」とは?

新感覚アイスケーキ「アントルメグラッセ」とは?

「ボタニカル」=「植物」の力でキレイと元気を磨くをコンセプトにお届けしている、TOKYO FMの番組「NOEVIR BOTANICAL LIFE」。
7月21日の放送では、新感覚のアイスケーキ「アントルメグラッセ」を紹介しました。



見た目も味も、夏にぴったり! 「アントルメグラッセ」とは?
「アントルメグラッセ」とは、フランス語でデコレーションケーキを意味する「entremets」と、アイスを意味する「glac?」を組み合せた言葉で、その名の通り、アイスケーキの呼称です。凍った状態でもすぐに切り分けられ、予め生地やソースが食べごろの柔らかさになるように計算されたレシピで作られています。お花や動物など、カラフルでポップなデコレーションも特徴的。生クリームのケーキでは溶けてしまうような難しいデザインでも、アイスという特性を活かせば、表現の幅が広がります。実は、ヨーロッパでは夏だけでなく通年で食べられており、ケーキ屋さんには必ずアントルメグラッセのコーナーがあるほど、広く親しまれているデザートなのです。



アントルメグラッセ専門店「グラッシェル」がこだわる、旬の国産フルーツ
表参道にお店を構えて4年の「グラッシェル」は、この「アントルメグラッセ」の専門店。最大のこだわりは、旬の国産フルーツの、一番美味しい瞬間をお客さまに提供すること。味が安定する既製品ピューレを使わず、シェフ自ら日本全国の農家に出向き、試食し、生産者の方と会話し、仕入れを行っています。「フルーツの一番美味しい食べ方は、“そのまま食べること”なのですが、“そのままに一番近い”スイーツが、私たちの手がけるアントルメグラッセや、生グラスなんです」と、シェフの本間友梨さん。



フルーツの旬はとても短く、未熟でも熟しすぎても味が変わってしまいます。仕入れた瞬間が一番美味しい状態であるよう、「ギリギリまで木の上に置いておいてほしい」「もう少し手前で出荷してほしい」など、農家との密なコミュニケーションが欠かせません。仕入れた後も常温で寝かせる時間を設けたり、配合や工程を微調整したりと、作り手にとってはチャレンジの連続なのです。

ずばり、今一番のおすすめフルーツは?
「グラッシェル」ではアントルメグラッセ以外にも、フルーツの美味しさをそのまま味わえる「パフェ」や「生グラス(生アイス)」などのオリジナルスイーツも人気。

今、本間シェフがおすすめするフルーツは、マンゴーとさくらんぼ。宮崎県・坂本農園のマンゴーを使用した「マンゴーパフェ」と、山形県・サンファームのさくらんぼを使用した「プリンパフェ さくらんぼバージョン」は、どちらも今年のものがとても美味しかったことから生まれた7月の新メニューです。フルーツが旬なうちの期間限定なので、ぜひ早めに足を運んでみてはいかがでしょうか。

左:マンゴーパフェ(期間限定 終了時期未定)
右:プリンパフェ さくらんぼバージョン(期間限定 7月23日まで)



TOKYO FM「クロノス」では、毎週金曜日、8時38分から、毎週週替わりのテーマでボタニカルな暮らしを紹介する「NOEVIR BOTANICAL LIFE」をオンエア。次回7月28日の放送では、沖縄の心を織る「芭蕉布」を守り続ける平良敏子さんを紹介します。

また、TOKYO FMで毎週土曜日、9時から放送しているノエビア「Color of Life」。7月は歌手、女優の薬師丸ひろ子さんを迎えてお届けします。どうぞ、お聞き逃しなく。



----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2017年7月29日 AM 4:59 まで
(スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


<番組概要>
番組名:「NOEVIR BOTANICAL LIFE」
放送日時 :毎週金曜8:38〜8:43
ナビゲーター:高橋万里恵
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/botanical/

関連記事(外部サイト)