Yogee New Wavesメジャーデビュー「堅実に、良質な音楽を作りたい」

Yogee New Wavesメジャーデビュー「堅実に、良質な音楽を作りたい」

Yogee New Wavesメジャーデビュー「堅実に、良質な音楽を作りたい」

この時代をどう楽しく生きていくのか? どうカッコよく生きていくのか? あなたのこれからの毎日を変えてくれるかもしれないヒントを、RIP SLYMEがゲストとともに探求していくTOKYO FMの番組「RIP SLYME SHOCK THE RADIO」。そのなかで、ゲストに必ず聞く質問が「カッコイイ大人とは?」。
2018年3月9日(金)の放送では、3月14日(水)にメジャーデビューEP「SPRING CAVE e.p.」をリリースしたYogee New Wavesから、ボーカル・ギターの角舘健悟さんとギターの竹村郁哉さんが登場。「カッコイイ大人」について答えてくれました。


Yogee New Wavesの角舘健悟さん(右)と竹村郁哉さん(左)。中央は番組パーソナリティのRIP SLYMEのRYO-Z



RYO-Z:待望のEP「SPRING CAVE e.p.」を提げてやってきたということで! (※収録曲の「Bluemin’ Days」を聴いて)イイ! いい曲だ! 気持ちのいい! すごく夏な感じがするんですよ。EP全体でそういうイメージを持ったんですけど。そのへんは意識があったんですか?

角舘:そうですね。(バンド名に)“Waves”という名が入っているくらい、海が好きで。そういった部分で、夏というか空が開けている感じ、ドライブに合っている曲が出来がちというか……(笑)。

RYO-Z:(笑)。

角舘:意識はしていないけど。

竹村:そうだね。

RYO-Z:作っていると、そっちの方向に進んでいくと。非常に大好きですね。わりとウチのグループも、どちらかというと夏のイメージがありまして。曲作りをしているとそっちにいってしまう……(笑)。

角舘・竹村:(笑)。

RYO-Z:確かに、似たものを感じでしまう、通じ合っているんじゃないかなと思います。3月14日(水)に「SPRING CAVE e.p.」をリリースということで。夏が待ちきれないですね。こういう季節感もRIP SLYMEと親和性を感じるんですけど。お2人は“こういう人たちが好き、こういう人たちから影響を受けた”っていうのはあります?

角舘:そうですね、巷ではシティーポップと言われているんですけど、自分たちでシティーポップと思ったことはないですが、やっぱりシティーポップは好きで。シュガー・ベイブ、山下達郎さんだったりとか。

RYO-Z:出ました、達郎先生!

角舘:歌心的にいうと、ユーミンさんだったりとか、はっぴいえんどさんだったりとか、そのへんはみんな共通して聴いていて。それこそ今日、ここに来るときに、クルマの中で「今日、RYO-Zさんに会えるね!」と。

RYO-Z:ありがとうございます!(照)。

角舘:RIP SLYMEは僕も大好きで、(竹村と)2人で好きだって言ってた部分が“ファンクが基調”なところで、そこがすごく好きで。

竹村:最初のほうはビートがファンクですよね。

RYO-Z:そうね。管楽器、サンプリングも含めていろいろ使ってましたから。DJ FUMIYAだからなんでしょうね。ウチも“ふみや”がいるんですよ! ウチは“竹内”ですけど(笑)。

竹村:竹村と竹内で(笑)。

RYO-Z:(※メジャーデビューEP「SPRING CAVE e.p.」収録曲「PRISM HEART」を聴いて)いいですね、この曲もまた。ジーンと染みます。詞とかはどうやって考えてます?

角舘:そうですね、ざっくりとなんですけど、僕が好きな音楽は情景が見える、クルマに乗っているのか、いないのか。空を飛んでいるのか、飛んでいないのかとか……!

RYO-Z:(笑)。

角舘:そこに自分を逃避行させて、自分の心象風景を言葉にしていくことが多いですね。

RYO-Z:なるほど。ちゃんとイメージがあって、しっかり投影させているってことですよね。だから、情景が確かにフワッと浮かんでくる。




(中略)

RYO-Z:まだ、メジャー1年目ですけど、これから5年後10年後の目標というかビジョンはあります?

角舘:“ひとまず堅実に”っていうのはいつも思うことなんですけど。

RYO-Z:しっかりしてんなぁ〜! 今の子たちは!

竹村:意外に堅実派ね(笑)。

角舘:“良質なものを作っていく”っていうことだけ考えていきたいですね、正直なところは。10年後はそれに感動した人たちでドームを埋めたりとかしたいですね。

RYO-Z:ドーム……! ビッグですね。

角舘:ドーム、できたらすごいっすよ。

RYO-Z:ドーム、やったことがないなぁ。やってみたいね。

角舘:一緒にやりましょう!

RYO-Z:対バンでやろう!(笑)。

竹村:対バンしたい〜!


Yogee New Wavesの角舘健悟と竹村郁哉が考える、カッコイイ大人とは?


最後にYogee New Wavesの角舘健悟さんと竹村郁哉さんに、この番組恒例の質問「カッコイイ大人とはどんな人か?」について聞いてみました。

RYO-Z:まずは健悟くんから。

角舘:そうですね。いっぱいあるんですけど、ひとつ共通点として挙げると「ピュアな目を持ち続ける大人」というか。そういう人になりたいですね。

RYO-Z:お〜。長生きしてると濁ってまいりますからね(笑)。ピュアで素直っていうことは非常に良いことですもんね。僕の大好きな落語の師匠も言ってましたね。素直なやつが一番芸が伸びると。

角舘:そうなんですね。

RYO-Z:そして、竹村くんは?

竹村:僕は「無理なく自分でいられる人」。自分をこう見せたいっていうのが強すぎたりとか、ノイズがかかっているなって人はちょっと……と思ってしまうので。等身大でいてほしいなと思いますので、無理なく等身大でいられる人かな。

RYO-Z:ナチュラルな人が。

竹村:カッコイイなと思います。



----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2018年3月17日(土) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:RIP SLYME SHOCK THE RADIO
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国9局ネット
放送日時:TOKYO FMは毎週金曜18:00〜18:25(JFN各局の放送時間は番組Webサイトでご確認ください)
パーソナリティ:RIP SLYME
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/shock/

関連記事(外部サイト)