向井太一「モデル、執筆…多彩な活動をする理由」とは?

向井太一「モデル、執筆…多彩な活動をする理由」とは?

向井太一「モデル、執筆…多彩な活動をする理由」とは?

“ライブ音楽とビールが生み出すゆたかなひととき”をテーマに、あなたのすぐそばで素敵なアーティストたちが生ライブで生きた音楽を届けるTOKYO FMの番組「KIRIN BEER“Good Luck”LIVE」。12月9日(土)の放送には、シンガーソングライター・向井太一さんが登場しました。

シンガーソングライター・向井太一さん



ブラックミュージックをベースに、エレクトロニカ、アンビエントなどさまざまなジャンルの要素を取り入れた楽曲が多くの支持を集める向井さん。「こだわらないことにこだわっていて、ジャンルにこだわらず、その時その時の自分の感性を大事にして、楽曲に投影していければいいなと思っている」とのこと。また、モデルやコラム執筆など多彩な活動をする理由については、「全て音楽活動の一環。入り口はどの方面でもいいけど、最終的に自分の中心にある音楽に行き着いてくれればいいなと思ています」と話しました。

そんな彼が11月にリリースしたファーストアルバム『BLUE』のタイトルは「簡単に消えないような青い炎」をイメージしたとのこと。「今って、トレンドや音楽のジャンルの流行り廃りが早い。アーティストも消化されやすく、残りにくい時代だと思います。そのなかで芯のある歌手になりたいと思って、意思表明をタイトルの『BLUE』に込めています」と明かしました。

ライブは、ギターのカッティングやファンクなノリが印象的な「FLY」からスタート。続いて「FREER」「Can't Wait Anymore」を披露したあとは、サム・スミスのカバー「Stay With Me」を熱唱。アコースティックギターとピアノの編成で観客を魅了します。

続いて、向井さんが上京してバンド活動をしていた頃にできたという曲「君にキスして」を披露。「THINKING ABOUT YOU」から、ミニマルでアップテンポな曲調の「Great Yard」に移り、ライブはいよいよクライマックスに突入します。

落ち着きのある「SLOW DOWN」を終えると、向井さんは「いつも応援してくれている方々。本当に感謝しています。そんな皆さんに恩返しの意味を込めて次の曲をお届けしたいと思います」とラストナンバー「空」で、ライブを締めくくります。番組恒例の乾杯後には「最後には距離が縮まった感じがしてよかった。僕もすごく楽しかったです」と笑顔を見せました。

◆Set List
1.FLY
2.FREER
3.Can't Wait Anymore
4.Stay With Me (Sam Smith cover)
5.君にキスして
6.THINKING ABOUT YOU
7.Great Yard
8.SLOW DOWN
9.空

向井太一さん(左)と、ライブアテンダントの堤友香



この日のライブの模様は『radikoタイムフリー』で聴くことができます(1週間限定)。フロアの熱気をぜひ体感してみてください。

番組放送400回を迎えたことを記念し、400名に素敵なプレゼントが当たるTwitterキャンぺーンを実施中です!
【参加方法】
@@kgll_staffをフォロー
A@kgll_staffが投稿する「#kgll400回記念」が含まれるツイートをリツイート!
B応募完了!
(※当選された方には、Twitterのダイレクトメッセージにて当選連絡を行います)
詳細はキャンペーンサイトをご確認ください。

現在、番組Webサイトでは12月23日(土)放送のNao Yoshiokaのライブ観覧者を募集中です。(※応募締切:12月15日)
次回 12月16日(土)の放送は、ハナレグミのライブをお届けします! お楽しみに。

----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2017年12月17日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:KIRIN BEER “Good Luck” LIVE
放送日時:毎週土曜16:00〜16:55
ライブアテンダント:堤友香
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/live/

関連記事(外部サイト)