水樹奈々、お尻と胸へのコンプレックス語る!?

水樹奈々、お尻と胸へのコンプレックス語る!?

水樹奈々、お尻と胸へのコンプレックス語る!?

声優・歌手として活躍する水樹奈々がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「Mの世界」。5月29日の放送では、特別企画「みんなが大好きな水樹奈々の体の部位TOP7!」の投票募集を発表。言わば、リスナーの投票で決める水樹奈々の体のパーツ総選挙です。今回は、水樹本人がランキングの予想をしてみました。
(TOKYO FM「水樹奈々のMの世界」5月29日放送より)


声優・歌手として活躍する水樹奈々



【突然ですが、あなたは水樹奈々の体のどこが好きですか?】

日差しが強くなり、露出が増える時期になって来ました。長いものが短くなり、厚いものが薄くなり、気になる部分をなんとかしたくなる……そんな季節です。そこで今回は、放送ギリギリ(!?)とも言える特別企画「みんなが大好きな水樹奈々の体の部位TOP7!」の投票募集を発表しました。

水樹「収録が始まる前に、スタッフさんから『本当にすみません!』と言われました。わかってます、わかってますよ、水樹だって大人ですから(笑)。もしかしたらカッコつけちゃったりして、本当のことを言えなかったりするかもしれないでしょ。でも、それはダメよ! この企画、私も思いきりましたので、みなさんにも心を裸にしてほしい!

まぁ、せっかくのテーマなので……って、なんで自分でそんなこと言ってるんだって話ですが(笑)、正直に(水樹奈々の)どこの部位が気に入っているとか、ライブを観ているときについつい目が行っちゃうんだよね〜みたいなことを、ぜひ書いて送っていただきたいです。ちなみに、この投票で決まったランキングの発表は、2週間後(6月12日の放送)。そこでランクインされた部位の一部のマル秘画像を、番組のスマホサイトにアップさせていただきます」


【水樹自身のランキング予想は?】

水樹「絶対、1位は【太もも】のような気がするんですけど、違うかな〜? 私はミニスカートとか短パンを穿くことが多いから。あと、ライブでみなさんがステージを見上げるときに、どうしても順番的に足が入ってくるから。で、ブーツを履いていることが多く、ふくらはぎは覆われているから。その絶対領域的なところに視線がいくのかなーとかは思ったんですけど。

あと、親友のSAYURIによく言われる【お尻】。『奈々のお尻、プリっとしてて好きなのよねー、触りたくなっちゃうのよねー』って、階段を上り下りしていると、必ず“モミ”ってされちゃうんですよね(笑)。後輩の瀬戸麻沙美ちゃんにも『奈々さんのお尻、大好きなんですよ。アフレコのとき、いつも見ちゃう』って言われちゃったりするんで……。実は、井上喜久子さんにも伊藤美紀さんにも言われたんです。『奈々ちゃんのお尻が好きだ』と。私は、逆にプリ〜ンとボリュームがあるからちょっと恥ずかしくって、お尻があまり目立たない服を着たいなって思ったりしてたんだけど、そうやってみんなに言ってもらえて、自分のコンプレックスが長所に変わるってことも気付かせてもらったので、みなさんには正直に言ってもらいたいんです。

自分のパーツで一番お気に入りのところを挙げるとしたら【指】です。だから、ネイルとかもいつもしてるんですけど、これはお母さん、おばあちゃん譲りの代々遺伝の指なんです。近藤家(水樹の本名)はみんなおなじ手をしているんですけど、指がね、長いんですよ。すごくお気に入りです。なので、歌ったり、振り付けをしたりするときに、指が長いとより大きく見えたり、すごくしなやかに見えたりするので、この指ですごく嬉しいな。「お父さんお母さん、ありがとう」って思います。

逆に、自信のないところはやはり【胸】ですね。(放送中に急にBGMが止まり)……なんで止まるのよ!!(笑)。いいもん、いいもん。世の中にはいろんな好みの人がいるから。それでもいいって言ってくれる人もいるかもしんないじゃんか。こればっかりはしょうがないんだもん。成長期のときにストレスが多かったからです。とか、いうことにしとこう(笑)」

気になるランキングの結果は、6月12日(月)の放送で発表します。


さて、6月5日(月)の「Mの世界」は、ネチネチと引きずってしまっている失恋エピソードを紹介し、そのケガレを祓う「女々しい世界」。このコーナーをキッカケに、過去の恋愛のトラウマを断ち切って、新たな恋へと進んでいるリスナーも増えているのだとか!? 今回はどんな女々しいエピソードが飛び出すのか、お楽しみに。


<番組概要>
番組名:「水樹奈々のMの世界」
放送日時:TOKYO FM月曜日深夜1:00〜1:30 / FM愛媛土曜日深夜2:00〜2:30
パーソナリティ:水樹奈々
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/7
番組公式Twitter:@m20081001

関連記事(外部サイト)