今夏やるならこれ! 最新のマリンスポーツ3選

今夏やるならこれ! 最新のマリンスポーツ3選

今夏やるならこれ! 最新のマリンスポーツ3選

堀内貴之とMIOがパーソナリティをつとめ、東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。

TOKYO FMでは、7月1日(土)〜8月31日(木)までの2ヵ月間、「TOKYO FM SUMMER CAMPAIGN “夏を、遊びツクセ!” 〜PLAY IT OUT SUMMER〜Supported by NEW 日産エクストレイル」と題してキャンペーンを展開中。

そこで、7月4日(火)の放送では、最新のマリンスポーツにスポットを当ててお届けしました。

※写真はイメージです



関東地方では、逗子、江ノ島、由比ヶ浜、材木座、茅ケ崎などのビーチが続々と海開きし、いよいよ夏到来。マリンスポーツの代表格と言えばサーフィンやウインドサーフィン、スキューバダイビングなどがすぐに頭に浮かびますが、今回紹介する最新のマリンスポーツは“ジェットパック”、“フライボード”、“SUP(スタンドアップパドルボード)”の3つ。

“ジェットパック”の魅力を語ってくれたのは、アクアボードショップ「フライフィールド逗子」の尾崎伸一さん。
これは、背中に背負ったランドセルのような器具からジェット噴射される水圧で空を飛ぶものなのですが、尾崎さん曰くその魅力は海面から離れて飛ぶという新感覚の浮遊感。

男女問わず初心者でも「15分もすれば90%の人が飛べるようになります」と話し、一番必要なことは“体幹”なのだとか。「フライフィールド逗子」では、水着とタオルさえ持参していれば15分6000円で体験することができる手軽さから、20〜30代の男女に人気なのだそうです。「とても簡単に空中浮遊できるので、鳥になれますよ!」と“ジェットパック”の楽しさを話してくれました。

次に“フライボード”の魅力を教えてくれたのは、フライボード日本代表としてヨーロピアン選手権で世界2位に輝いた山口保奈美選手。

“フライボード”は、足に装着したブーツのような器具から噴出する水圧を利用して空中を自由に飛ぶことができるフランス生まれのマリンスポーツ。競技映像を観た堀内は「映画のワンシーンみたい!」と驚きの声をあげる一幕も。

山口さんは、「空を飛ぶという感覚をそれまでに経験したことがなくて、衝撃的すぎてすごく楽しかった」と初めて“フライボード”をしたときのことを振り返り、「景色もいいし、人生で一度はやってみるべき!」とオススメしていました。

フライボード ※写真はイメージです



ここまで紹介した“ジェットパック”と“フライボード”はジェット噴射で空を飛ぶ云わば【動】のスポーツですが、“SUP(スタンドアップパドルボード)”は【静】のスポーツ。この“SUP”の魅力を紹介してくれたのは、大人のためのサーフマガジン「BLADES」編集部の水谷泰さん。

大人のためのサーフマガジン「BLADES」編集部の水谷泰さん



“SUP”はボードに立ちバランスを取りながらパドルで水を漕ぐアクティビティーで、サーフボードに比べ浮力が高いので初心者でも簡単に乗れるだけでなく、「海、川、湖と水辺であれば場所を選ばないので、いろんな景色を楽しめるスポーツ」だと、水谷さんは話します。さらに、最近では“ドラゴンSUP”や“フォイルSUP”などに派生したりと、近年人気が高まっているそうで、「構えなくても簡単にできるスポーツなので、リラックスして楽しんでもらえれば」と、まだ体験したことのない人に向けて呼びかけていました。



この日の放送では最新のマリンスポーツ3つを紹介しましたが、マリンスポーツに最適なクルマとして、新型日産エクストレイルも紹介。両手にサーフボードなどを抱えたままでも、キーを携帯していればリヤバンパーの下に足先を入れて引くだけで後部ドアが自動で開いたり、シートも防水仕様なので濡れたウェットスーツのまま座っても大丈夫!(※防水ラゲッジボードはガソリン車のみ)

さらに、高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」機能を搭載しているので、たっぷりとマリンスポーツを楽しんだあとの帰りの高速道路での長距離運転も安心。

夏本番、マリンスポーツにアウトドアに、さまざまなシーンに最適な新型日産エクストレイルの魅力、さらには全国のアウトドアスポット情報や夏のドライブにオススメの“夏うた100選”やインスタ写真など、“夏を、遊びツクセ!”を合言葉に“夏”を楽しむ情報が満載の特設サイトをぜひご覧ください。


【番組概要】
番組名:「シンクロのシティ」
放送日時 :毎週月〜木曜15:00〜16:50
パーソナリティ:堀内貴之、MIO
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/city/

----------------------------------------------------
この記事の放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます(1週間限定)。
(スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)

■番組聴取は【コチラから】(無料)
聴取期限 2017年7月12日 AM 4:59 まで

※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

関連記事(外部サイト)