東京で聞きました「私、こんな副業やってます」

東京で聞きました「私、こんな副業やってます」

東京で聞きました「私、こんな副業やってます」

東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、様々な人々に声をかけ、1つのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーと共に考えるのはパーソナリティの堀内貴之。6月6日のテーマは「私、こんな副業やってます。」でした。

パソコン1つで仕事ができる時代。その影響か、現代は副業を持つという人も多くなってきました。人材サービスの「エン・ジャパン」の調査では、なんと「正社員として働くビジネスパーソンのうち、副業経験のある人は33%」という結果が。さて、副業をしている人はどんな仕事をしているのでしょうか。



◆代々木で出会った36歳の女性
(副業されてますか?)
アスリートのマネージメントをしてます。普段はPR会社で働いています。仕事があるときだけ選手のマネージメントをやっています。

(主にどういうお仕事を?)
例えば世界大会とかある時に、テレビとか解説みたいなことで入るときがあるので、そのときに帯同して、マネージャーみたいな感じですかね。個人的に雇われている感じです。

(結構副業でも忙しくされてるのではないですか?)
大会がある期間って限られてたりするので、そんなにいつもあるわけではなくて、有給を使って行けるような範囲なので。

(会社は副業のことを知ってますか?)
1、2週間お休みを頂くこともあるので、それは知ってます。入社のタイミングでそこは言っていたのと、基本的にウチの会社は副業オッケーなので。誰が何をやっているかは知らないけど、お小遣い稼ぎで副業をしている人も多いみたい。

◆練馬で出会った30歳の男性
(副業って何かやってますか?)
やってます。普段は月〜金まで会社に勤めてまして、ゲームの運営をしている会社でデザインをしています。
(副業って個人的にやっているんですか?)
そうですね、前の会社だったり他の繋がりから仕事をもらったりしています。ゲームのレイアウトデザインとか、別ジャンルだと結婚式のウェルカムボードとかだったり。

(会社でこの事知っている人います?)
いないかな! 副業はOKなんですけど、会社仕事を手を抜いてると思われそうで(笑)。副業は自分のスキルが存分に発揮できるので楽しいです。世の中に出ているCMや駅の広告などで自分の仕事を見ると嬉しいです。

(それを積み重ねてフリーで独立したい野望は?)
将来は田舎で山に篭りながらフリーでデザインしたいですね! そのために今は、東京でガムシャラに頑張ります!

◆浅草橋で出会った47歳の女性
(副業されてますか?)
フランスの伝統工芸のカルトナージュの講師をしております。もともと主婦なんですけども、2人の子どもがおりまして、主婦のお仕事をしながら合間を縫ってレッスンをしているという感じですね。自宅で行っています。

(副業をされてみようと思ったのは?)
毎日家族のために輝いてるのもいいんですけど、何かやっていたい!という目的があったので、いつまでも向上心を求めていきたいということで、こういったことを選択したと思います。家のこともしっかりやりながら、自分の好きな時間をつくるためにスムーズに毎日を過ごせたりだとか、やって良かったと思います。

◆中目黒で出会った55歳の男性
(本業は?)
ソフトウェア会社で、コンピュータのソフトウェアを書く会社で仕事してます。

(副業はありますか?)
国家試験の問題を作る委員っていうのがあるんですけど、それの公募を見つけて、応募して、もう8年くらいやってます。IT業界の国家試験です。エンジニアを認める、認定する国家試験です。

(収入は?)
ある程度は謝金が出ます。

(やらなくてもいいのに始めたのは?)
自分なりに後進の人たちを育てたいなって思ったのはあるんですけど、会社の中だけじゃなくて、業界全体のことを考える場所が欲しいなって探しているうちに見つかって、たまたまそこに謝礼が付いてました。

◆中目黒で出会った30歳の女性
仕事はカウンセラーです。銀座にサロンがあるんですけど、スピリチュアルのカウンセラーです。相談、悩みを解決する仕事です。

(副業は?)
占い師をしてます。

(きっかけがあったんですか?)
きっかけはカウンセリングしていく上で、未来どうなりますか?という質問もあるので経験を積もうと。数をこなすということで、占いの館というところで最近働いてます。

(どうやって副業にして行ったんですか?)
オーディションとか受けて。カウンセリングが週3で、毎月100人くらい。副業の方が週1で、1日15人くらいですね。

(収入は?)
副業は10分の1くらいですね。自分の経験と修行のためっていう感じです。


また、番組にはこんなメールも。
「副業やってます! 仕事終わりの週2、3日程度、居酒屋でアルバイトしています。アルバイトをするまでは、ほぼ毎日のように飲み歩いていました。そんなときたまたま見つけた居酒屋のアルバイト募集の張り紙に“お酒飲み放題”の文字。もってこいだと思い応募しました。軽い気持ちで始めたアルバイトももう3年。普通に生活していたら出会えないような人とも会えてとても充実しています」

【自分の違う可能性を試す、副業の世界】

堀内貴之は「本業のプラスになるという部分もある上に、違う場所にいる自分を楽しんでいる方が多いですね。今の自分にはないもうひとつの可能性を試しているということで、精神的にもバランスが取りやすいのかも。政府の後押しもありますけど、今の東京には副業をやっていいんじゃないかっていう雰囲気に溢れているように感じました」とコメント。

確かにこうしてみると、本業と全く違うことをやっている人は少なく、「本業をより豊かにするため」に向上心から副業をやっている人が多いよう。どっちつかずになることもなく、バランスを取りながら前向きに仕事をしている人が多い印象でした。

<番組概要>
番組名:「シンクロのシティ」
放送日時 :毎週月〜木曜15:00〜16:50
パーソナリティ:堀内貴之、MIO
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/city/

----------------------------------------------------
この記事の放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます(1週間限定)。
(スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)

■番組聴取は【コチラから】(無料)
聴取期限 2017年6月14日 AM 4:59 まで

※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

関連記事(外部サイト)