ももクロ × たかのてるこ「ももクロもビックリ! 全員〇〇なリゾート地とは?」

ももクロ × たかのてるこ「ももクロもビックリ! 全員〇〇なリゾート地とは?」

ももクロ × たかのてるこ「ももクロもビックリ! 全員〇〇なリゾート地とは?」



「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」略して“ハピクロ”。ももいろクローバーZが贈る、“教養エンターテインメント・プログラム”です。毎週、様々なジャンルのプロフェッショナルな先生たちが登場して、「○○学」と題した、聴けばつい誰かに話したくなるアカデミーを開講中です。
2017年6月25日(日)の放送では、「いつか行きたい冒険旅学」のハピクロ・アカデミーを開講しました。
先生は、世界中を旅する「旅人」でエッセイストの、たかのてるこさん。
自身が旅をして体験した中から、特に衝撃的だった出来事を教えていただきました。
(ももいろクローバーZがパーソナリティをつとめるTOKYO FM「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」2017年6月25日放送より)

ーー“ガンジス川を泳いで分かった世界の常識”


清野:今日は、たかの先生が体験された数ある旅のお話の中から「いつかいきたい冒険旅」というテーマで、ランキングをつくっていただきました!
まずは、『たかのてるこ先生の冒険旅ランキング』3位から発表お願いします!

たかの先生:冒険旅3位は『インドのガンジス河で、バタフライ!』です!

かなこ・あーりん:おお〜〜〜!

清野:ガンジス川、有名な川ですよね!

かなこ:有名です! 私でも知ってます!



清野:川で洗濯をしたり、食器を洗ったり、何でも川でしてしまうっていう場所ですよね。

たかの先生:お風呂に入っている人もいますね。聖なる川なんやけど、人々の日常も全部引き受けている、っていう懐のでっかい川です。
就職活動中やったから、”ガンジス川でバタフライして来ました!”って面接で言ったらウケるかな、と思ってバタフライしてたら、人に当たってしもうて。
「泳いではる人おったんや! ごめんなさい!」と思ってパッと見たらプワ〜と浮いている死体やってん。

かなこ:えっ……。ウソでしょ?

たかの先生:ホンマに! 一緒に泳いでいたチビッコに「死体が浮いていたから、警察に電話して〜!」って言ったら、「ガンジス川なんだから死体くらい浮いてるよ」って言われて。
よく話を聞いたら、インドは仏教のルーツになったヒンドゥー教だから、輪廻転生っていう考え方があって、早くに亡くなった人に”もう一度生まれ変わっておいで”という願いを込めて、布に巻いて川に流す風習があるんですよ。

かなこ:たくさんですか?

たかの先生:そんなにたくさんは浮いてへんよ〜!(笑)

あーりん:プカプカ浮いてるかと思っちゃった(笑)



たかの先生:寿命を全う出来た人は日本と同じで火葬をして遺灰だけを川に流すんやけどね。日本の常識しか知らんかったから、世界には色んな常識があるんやな、と思ったね。

あーりん:日本での暮らししか知らないから、それが当たり前だと思っちゃっているだけなんだよね。


ーー“未知の自分に出会うための挑戦!”


清野:『冒険旅ランキングTOP3』第3位は「ガンジス河でバタフライ」でしたが、続いて第2位の発表をお願いします!

たかの先生:第2位は、自然大国のスイスで、「アルプスのハイジ」の天空ブランコが体感できるパラグライダー! です。

あーりん:すごーい!!

かなこ:行きたーーい!

たかの先生:これ面白いねん! これは、私がヨーロッパ21ヶ国を鉄道で回った旅エッセイ本『人情ヨーロッパ』の中の話やねんけど、スイスってアクティビティ大国なんよ!
ありとあらゆるスポーツをやり倒した人が最後にたどり着くような国で、パラグライダーっていうのはパラシュートを背中に着けて飛び立つスポーツ!
1人じゃなくて、後ろにインストラクターの先生がいて操縦してくれるから、見た目的には世界と1人で対面している感じを体験出来るの。

かなこ:1人で空を飛んでいる感じなんだ!

たかの先生:山の上から飛び立つんやけど、35キロのスピードが出るのよ。見た目的には鳥が舞っているように見えるけどめちゃめちゃスピードが出ていて、
インストラクターの人が持っているハンドルを右と左に一気に引っ張ると、ブランコみたいになるわけ!

清野:前後に動くんですよね!

あーりん:超面白そう!

たかの先生:飛ぶまではめっちゃ怖かったんですけど、目の前にいたのが車椅子の80歳のおばあちゃんで、年齢制限なしで誰でも出来るんですよね。体重も100キロまで大丈夫!

かなこ:すごーーーい!!

たかの先生:おばあちゃんは80歳の誕生日記念にやろうとしてはったのを見て、私も火がついてやりました!
未知の体験をしないと未知の自分には出会えないので、新しいことに挑戦してもらいたいですね!

あーりん:ちょっとやってみたくなった!



かなこ:マジで!? あーりん行こうよ〜!

あーりん:私も高いところから飛び降りるのは苦手なんですけど、上がるのならイケるかもって気分になってる!


ーー“全員〇〇! 衝撃のリゾート!”


清野:いよいよ、たかの先生の『冒険旅ランキングTOP3』。
第1位の発表なのですが、その前にクイズを出題していただきましょう! 先生、お願いします。

たかの先生:それでは問題です!
この後発表する、たかのてるこ冒険旅ランキング1位は、あるリゾートなのですが、
そのリゾートに足を踏み入れた途端、見たことない風景が目に飛び込んできました!
どんな風景でしょうか?

清野:では、佐々木さんからお願いします!

あーりん:着いた途端、フラダンスとかサンバのお姉さんとかが「ウェルカム!」みたいな感じで踊って出迎えてくれた!

清野:コントとかでありそう! 続いて、百田さん、回答お願いします!

かなこ:男の人も全員ビキニを着ていた! 男女問わず!

清野:では、正解をお願いします!

たかの先生:正解は「全員はだか」だった!

かなこ:え! 逆に!? ちょっと近い?(笑)

たかの先生:ショッピングセンターから、銀行、レストラン、全部はだかでいいの。

かなこ・あーりん:えええっ!?

かなこ:ビーチだけじゃないんだ!



たかの先生:服を着ていたらアカンっていう法律があるわけやないけど、膨大なエリアがヌーディスト村なのよ。

清野:これはどこの国なんですか?

たかの先生:フランスのキャプ・ダグドってところですね。

あーりん:はだかで自転車とかも乗ってるんですか?

たかの先生:そう! それがコントっぽくて面白いねん!

清野:買い物とかに行くと、レジの人もはだかだったりするんですか?

たかの先生:働いている人ははだかじゃないんですよ。はだかになりたい人が行く場所なので、働いている人は服を着ているんですけど、お客はみんなはだか。

かなこ:じゃあ、ショッピングとかでは洋服とかも売っているんですか?

たかの先生:そうそう(笑)。だから、服を選んでいるんだけど、はだかやん! ってツッコミたくなるのよ(笑)。

あーりん:めっちゃ面白い!



清野:ヌーディストっていうは、どういう人たちのことを言うんですか?

たかの先生:”自然を愛する”って言う意味を込めて「ナチュリスト」っていう言い方もするんですけど、欧米では100年以上の歴史があっておじいちゃんおばあちゃん、子供、夫婦が全裸でビーチにいたりするんです。
やっぱり開放感もあるし、ヨーロッパは夏が短いから、短い日照時間で全身に光を当てたいって気持ちがあるのかな。

あーりん:光合成だね!

清野:3つともすごいお話の連続でしたね。百田さん、佐々木さんお話聞いてみていかがでした?

かなこ:本当に知らないことばかりで、私はお仕事でしか海外は行ったことなくて一人旅って憧れる部分もあったりするんですけど、やっぱりちょっと怖いなって部分もあって。
でも、今日てるこさんの話を聞いて、自分の生きている世界ってものすごく狭いんだなって改めて知れました!

あーりん:自分が一度行ったことある国だったり、日本から近い国とか、そういうところから踏み出していけたらいいなって思いました!

清野:ということで「いつか行きたい冒険旅学」本日の講師は、旅人でエッセイストの、たかのてるこでした!

かなこ・あーりん:先生、今日は本当にありがとうございました!

たかの先生:ありがとうございました!




〈番組概要〉
番組名:「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国37局ネット
放送日時:毎週日曜 16:00〜16:55
パーソナリティ:ももいろクローバーZ、清野茂樹
番組Webサイト: http://www.tfm.co.jp/clover/


----------------------------------------------------
この記事の放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます(1週間限定)。
(スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)

■番組聴取は【コチラから】(無料)
聴取期限 2017年7月2日 AM 4:59 まで

※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

関連記事(外部サイト)