秦 基博の選曲「恋が終わるかもしれない……と思ったときのLOVE SONGプレイリスト」とは?

秦 基博の選曲「恋が終わるかもしれない……と思ったときのLOVE SONGプレイリスト」とは?

秦 基博の選曲「恋が終わるかもしれない……と思ったときのLOVE SONGプレイリスト」とは?

6月14日に、デビュー10周年を記念した初のオールタイム・ベスト・アルバム『All Time Bestハタモトヒロ』をリリースする秦 基博さんが、TOKYO FMの番組に出演。「恋が終わるかもしれない……と思ったときのLOVE SONG」3曲を紹介してくれました。
(TOKYO FM/FM OH! の音楽ワイド番組「LOVE CONNECTION」のコーナー「LISTEN! MY PLAYLIST」6月12日放送より)



アーティストやクリエイターが普段どんな曲をどんなときに聴いているのか、覗き聴きしていく「LISTEN! MY PLAYLIST」のコーナー。この日のゲストは秦 基博さん。普段、音楽を聴くときは、自分で運転しているクルマの中で聴くことが多いとか。自分で購入したCDはもちろん、あまり耳にしない音楽をラジオで聴くこともあり、クルマでの音楽との出会いも楽しんでるそうです。そんな秦さんが選んでくれたプレイリストは、ちょっとセンチメンタルな気持ちになる「恋が終わるかもしれない……と思ったときのLOVE SONG」。せつない気分に浸れるのも、音楽の良さですね。

「翳りゆく部屋」(荒井由実)
「この曲は描写がすごいな、といつも思うのです。『ランプを灯せば 街は沈み』という歌詞があって、窓に写る反射の光と影というか、心情と共に胸に迫ってくるものがあります」

「Stay」(Lisa Loeb)
「最初にこれを聴いたのは、自分が高校生くらいなので20年くらい前になるんですね。驚きます。当時、ネオ・アコースティックブームというのがあって、アコースティックのサウンドが流行してまして、高校生だった僕は洋楽とかほとんど聴いたことがなかったのですが、この曲でリサ・ローブの声に打ち抜かれました。せつないメロディですけど、今でも大好きな曲です」

「告白」(上白石萌音)
「この曲は、僕が作詞作曲・プロデュースをさせてもらった曲で、上白石さんの初のオリジナル曲となります。オファーを受けて、彼女の歌声を聴いてどんな曲を書こうかなと、歌声のことをずっと考えていたら、こういうちょっとせつないラブストーリーが浮かびました。儚さというか、彼女の持っている声の透明感もそうですけど、どこか憂いがある部分をみんなに聴いてもらえたらいいなと思って書きました。僕自身も非常に好きな曲で、歌声がとにかく素晴らしいです」


デビュー10周年を記念した、初のオールタイム・ベスト・アルバム『All Time Bestハタモトヒロ』を6月14日にリリースする秦 基博さん。この発売を記念して、大阪梅田・茶屋町のファッションビル「NU茶屋町」では、「秦 基博 博覧会“HATA博”」を開催中。さらに、みなとみらい線とのコラボが実現し、神奈川県横浜市の元町・中華街から埼玉県までを走る “ハタモトヒロ号”も運行中! 詳しくは、秦 基博さんのオフィシャルサイトhttp://www.office-augusta.com/hata/をご覧ください。

6月13日の「LISTEN! MY PLAYLIST」には、chayさんが出演します。お楽しみに!


<番組概要>
番組名:「LOVE CONNECTION」
放送日時:毎週月曜〜金曜11:30〜13:00/「LISTEN! MY PLAYLIST」は12:30ごろから
放送エリア:TOKYO FM/FM OH!
パーソナリティ:LOVE
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/love/


----------------------------------------------------
この記事の放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます(1週間限定)。
(スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)

■番組聴取は【コチラから】(無料)
聴取期限 2017年6月20日 AM 4:59 まで

※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

関連記事(外部サイト)