童謡でおなじみ「秋の虫」、実際の鳴き声は?

童謡でおなじみ「秋の虫」、実際の鳴き声は?

童謡でおなじみ「秋の虫」、実際の鳴き声は?

さまざまな趣味と娯楽の奥深い世界をご紹介するTOKYO FMの番組「ピートのふしぎなガレージ」。あなたの知的好奇心をくすぐるテーマを、毎回、最新情報とともにお伝えします。9月23日(土)放送のテーマは「秋の虫」。コオロギ、スズムシ、マツムシ、キリギリス……耳を澄ますと聞こえてくる虫の声に、秋を感じている人も多いのではないでしょうか。今回は「秋の虫」の鳴き声や飼い方について、TOKYO FMの番組の中で詳しい方々に教えていただきました。
(TOKYO FM「ピートのふしぎなガレージ」2017年9月23日(土)放送より)


童謡でおなじみ「秋の虫」、実際の鳴き声は?



◆「童謡でおなじみの秋の虫、実際の声は……」
〜日本鳴く虫保存会 島村政美さん

── 秋の虫は童謡でもおなじみですが……。

童謡『虫のこえ』の冒頭で、マツムシの鳴き声は「チンチロリン」と歌われています。でも実際の鳴き声を聴いていただくと、童謡とはちょっと違う印象を受けるかもしれません。マツムシは今が最盛期で、枯れ草の色をしているのは敵に見つからないよう身を隠すためでしょう。都心を離れて郊外へ行けばマツムシはまだまだ数多く生息していますが、都内ではちょっと難しいかもしれません。確実に減っている虫です。

スズムシは「リーンリン」。こちらのほうがマツムシよりも実際の鳴き声に近い雰囲気かもしれません。スズムシはけっこうファンの多い虫で、簡単に飼えるのも人気の理由だと思います。黒くて動くためゴキブリにイメージを重ねてしまう人もいますが、これだけ良い音色を出すので私は大好きです。

── 虫の声は生まれてからずっと変わらないんですか?

成虫になりたての若いスズムシは音色がキレイです。鳴く虫は羽をこすり合わせて音を出すので、若い時期は素早く羽をこすり合わせてキレイな音が出せます。それが年老いて羽がボロボロになってくると、羽をこすり合わせても「リーンリン」ではなく「ジジジッ」というかすれた音になってしまうんです。

ちなみにコオロギは童謡で「キリキリ」と歌われていますが、これは全然似ていないと思います。私なら「コロコロコロリ」と表現したいですね。そのあたりの感じ方は人によりけりではあるのですが、都内ではコオロギはエンマコオロギ、ミツカドコオロギ、オカメコオロギ、ツヅレサセコオロギの4種類がいて、どれも「キリキリ」ではないというのが私の感想です。

── ほかにどんな虫が童謡に登場していたのでしょうか?

クツワムシが「ガチャガチャ」と歌われています。かなり的確な表現だと思いますが、はっきり言ってうるさい虫です。虫の会の会員にけっこう喋る人がいるのですが、あだ名がクツワムシですから(笑)。時期的にまだ聴けますが、都会で見つけるのは難しいかもしれません。藪の中で生活している虫なので、藪がないと生きていけませんから。

童謡に登場しない虫では、カンタンが秋の鳴く虫としては代表的な存在です。非常に良い声で鳴き、都会でも河川敷あたりでけっこう聴けます。カンタンは風に乗って200〜300mくらい飛べるので、洪水などで生息地がダメになってもほかの場所へ避難できるのが強みです。さらにヨモギなどに産卵するので、ヨモギが強い植物なのも生息する上での強みですね。


◆「秋に鳴く虫を探しに行こう!」
〜東京農工大学農学部 名誉教授 岩淵喜久男さん

── 秋に鳴く虫はどんな種類なんですか?

コオロギもスズムシもクツワムシもバッタ目(※直翅目とも言います)の昆虫です。その名のとおりバッタの仲間で、トノサマバッタもオンブバッタも同じ仲間に分類されます。ですから、バッタにもキチキチバッタ(ショウリョウバッタ)のように鳴く虫もいますよ。キチキチバッタは普段は大人しいのですが、飛ぶときに鳴いて逃げていきます。

秋の虫が鳴くのは基本的に求愛行動で、オスがメスを呼ぶために鳴きます。まれにメスが鳴く虫もいますが、多くの場合、鳴いているのはオスです。そして鳴くのは夜。秋が深まって気温が下がってくると昼に鳴くこともありますが、暑いと鳴かないんです。昼に鳴かないのは鳥やトカゲに見つからないためなどと考えられています。

── 求愛行動で鳴いているということは、虫にも耳があるんですね。

はい。種によって違いますが、胸の横や足に耳が付いています。バッタだと胸の横、羽の下あたりです。その羽で音を出しているわけですから、ずいぶんやかましいだろうと思うのですが(笑)。人間の感覚だと耳は顔についているものですが、昆虫で顔に耳があるケースはありません。

都心で聞こえてくる虫の声はエンマコオロギやミツカドコオロギが多いと思います。それから木の上にアオマツムシ。アオマツムシはちょっとゴキブリっぽい形なんですが鮮やかな緑色がキレイな虫で、都心にもたくさんいます。コオロギと鳴き声が似ているので、慣れないと区別がつきにくいかもしれませんね。

── 地域によって鳴く虫の種類が違ったりもしますか?

東京にいる鳴く虫は本州ならだいたいどこにでもいますね。しかし北海道や沖縄などへ行くとけっこう違う種類もいます。そして海外に行くと、鳴く虫がいても日本のように愛でる習慣がなく、ただの雑音として扱われます。そうなると風の音と同じで、聞こえてもうるさいと感じるか意識しないかです。

町田市(東京都)の野津田公園はいろんな昆虫がいる場所で、代表的な鳴く虫は全部揃っています。そういう場所へ行って虫の声を聴こうと思ったら、ランタンや懐中電灯を持って行きましょう。足もとを照らしたり、虫を見つけて種類を確かめるのに役立ちます。ランタンくらいの明るさだったら逃げたりしません。コオロギとスズムシは地面の上、マツムシ、カンタン、クツワムシは草の上にいます。羽を震わせて鳴いている姿を実際に見るとなかなか感動的ですよ。


◆「鳴く虫を飼うのは難しくありません」
〜『鳴く虫ハンドブック』著者 奥山風太郎さん

── 秋の虫を飼っている人って多いんですか?

けっこう多いと思います。それはもちろん鳴き声を楽しむためです。ですから、眺めるのが目的のカブトムシなんかと違って、見た目のことはあまり考えない人が多いですね。

透明なプラスチックケースは、中の昆虫を眺めるためのモノ。鳴く虫は暗いところでよく鳴くので、本当は段ボールの中で飼えば、すごくよく鳴きます。ただ、段ボールだと音がこもってしまい、本来の音が聴けないのが難点ですが。

── 飼う以上、餌を与えたり世話も必要ですよね?

キリギリスはけっこう肉食性が強いので、煮干しやカツオ節を与えると喜んで食べます。マツムシはキュウリやナスと本に書かれていますが、僕は白菜がメインですね。スズムシは昔から鳴く虫としてよく飼われてきたので専用の餌も売られています。でも、幅広い雑色系なので白菜でも大丈夫ですし、煮干しやカツオ節も少し与えるとなお良いでしょう。

気をつけたいのは残留農薬です。人間には影響がなくても、小さな虫は下手なモノをあげると次の日にコロッと死んでしまうことがまれにあるので、よく洗って与えてください。基本的にはご家庭の冷蔵庫に入っているモノでだいたい事足ります。冷蔵庫から2〜3種類の野菜を入れて、よく食べるモノとあまり食べないモノを探っても良いと思います。

── 何匹も一緒に飼っても大丈夫ですか?

これは種類によりけりです。広い雑食性の生き物なので、肉食性の強い種類だと共食いの可能性も否定しきれません。たとえば、スズムシならそんなに強い肉食性ではないし、生きてるモノは率先して食べないので、何匹も一緒に飼っている人は多いですね。

違う種類の虫を一緒に飼うのはあまりおすすめできません。コオロギはけっこうアグレッシブで、お腹が減ってきたときにゆったりとしているスズムシを囓ってしまう可能性があります。1種類ずつ別々に飼うのが間違いがないでしょう。

── オスとメスを一緒に飼って増やしたりもできますか?

スズムシは昔から飼育方法が確立していて、ネットで検索するといくらでも情報が出てきます。ホームセンターで買ってきた3ペアが翌年に何百匹に……なんてこともめずらしくありません。

鳴く虫を飼うにあたっては、自然環境を再現する必要は特にありません。野生のスズムシは藪の深いところによくいますが、それは外敵を避けるため。飼育下ではその心配がないので、けっこうタフに生きます。それに鳴く虫は成虫になると鳴いてメスを誘って子孫を残すだけなので、どんな環境でも鳴きます。

逆に、鳴く虫は交尾をしたら2〜3週間で死んでしまいます。だから交尾させずにオスだけで飼うとけっこう長生きします。でも、捕まえたときにすでに交尾をしているかどうかはわからないので、飼ってみないとわからないというのが正直なところです。


TOKYO FMの「ピートのふしぎなガレージ」は、《サーフィン》《俳句》《ラジコン》《釣り》《バーベキュー》などなど、さまざまな趣味と娯楽の奥深い世界をご紹介している番組。案内役は、街のはずれの洋館に住む宇宙人(!)のエヌ博士。彼のガレージをたまたま訪れた今どきの若者・新一クンと、その飼い猫のピートを時空を超える「便利カー」に乗せて、専門家による最新情報や、歴史に残るシーンを紹介します。

あなたの知的好奇心をくすぐる「ピートのふしぎなガレージ」。9月30日(土)の放送のテーマは「アーティスティックスイミング」。お聴き逃しなく!


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2017年10月1日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:「ピートのふしぎなガレージ」
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国37局ネット
放送日時:TOKYO FMは毎週土曜17:00〜17:50(JFN各局の放送時間は番組Webサイトでご確認ください)
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/garage

関連記事(外部サイト)