サカナクション山口 パリコレでファッション界の革命を体感

サカナクション山口 パリコレでファッション界の革命を体感

サカナクション山口 パリコレでファッション界の革命を体感

サカナクションの山口一郎が10月6日、TOKYO FMのレギュラー番組「SCHOOL OF LOCK! サカナLOCKS!」に出演。サウンドディレクターとして参加したファッションブランド「アンリアレイジ(ANREALAGE)」の2017年春夏パリコレクションについて、感想を語りました。



昨年に続いて、アンリアレイジの2017年 春夏パリコレクションの音楽を担当してパリに行ってきました。今年のアンリアレイジのテーマは『SILENCE』だったんですよ。SILENCEって沈黙だぞ(笑)。沈黙の音を作ってくださいって、アンリアレイジのデザイナーの森永邦彦さんに言われたんですけど。

“ファッションって何なんだろう”って、まだ全然はっきり分かりません。でも森永さんの服の作り方を見ていると、音楽と似ているなって感じるところがあるんですね。やっぱりコンセプトや概念なのよ。

今回の森永さんの概念が、『服の声を聞く』っていうテーマだったんですよ。……どういうことだ!?(笑)。つまり、SILENCE……沈黙を作ることで、沈黙の中に声を探す。“声なき服に耳をすませば”っていうテーマだったんです。そこで、「一郎さん、服に音楽をつけてください。服に音をつけたいんです。服の声を作ってください」って言われたんですね。そんなこと言われたらね、音楽変態である山口一郎は、もう……燃えちゃうわけですね。



前回は、AOKItakamasaさんとふたりで制作だったんですけど、今回は、エジマンボウ(サカナクションのドラム・江島啓一)を巻き込んで共同制作をしたんですけど(笑)。すごい面白かったですよ。まず、日本人が思うSILENCEを音にするとどんなものかなって考えた時に、最初に思ったのは花火だったんです。花火って音が超でっかいじゃん。ドーンって。だけど、ボンって上がってから、ドーンって鳴るまでの隙間。あの音を待つ沈黙……日本的だなって思って。

でも花火をそのままやったら海外の人は分からないから、オーケストラで使われるキッドで花火の音を再現して作ったりして、全体で20分間のショーを作っていったんですね。最後に「ユリイカ」(カバー)を流したんですけど、パリコレクションで日本語の歌が流れることはあまりないので斬新だったと思う。『君が何か言おうとしても』っていう言葉で終わるんですけど、それがこのコンセプトに合うと森永さんに提案したら「いきましょう!」って言ってくれて。

今回は、AR三兄弟の川田十夢さんともご一緒しました。目で見ている服の隠された部分をAR(拡張現実)を利用して表現し、非現実の中で服が完成するっていう。……先生はこれをファッション界の革命だと思ったし、服に音が付加する……。要するに、他のカルチャーのものが付随することで作品が完成するっていう、これは10年後や20年後に当たり前になっている気がする。それを先にパリコレクションでアンリアレイジがやったのはすごいことだなと思いました。



今回パリコレの仕事をやってみて、ライブとか、シングルを作る作業とは全く違うんだけど、考え方はいっしょだと思いました。みんなにも音楽で得られる感動の種類をたくさん増やしてほしいし、そのきっかけを作るのが外に向かって頑張って音楽を発信しているミュージシャンとしての役割のひとつであるべきだなと感じましたね。いろいろやりたいなと思う。音楽の伝え方をいっぱい試させてほしい。そのために頑張るから。


【あわせて読みたい】
★永野芽郁「SOL!」に初登校 得意なモノマネは広瀬すず
★RADWIMPS 映画「君の名は。」劇伴は「画を観ずに制作」
★受験生を応援するお菓子「Toppa」モデル募集開始

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:
月〜木曜 22:00〜23:55
金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/

<今後の予定>
10/10(月) Shout it Out 新曲「DAYS」初オンエア
10/11(火) SPYAIR 新曲「RAGE OF DUST」初オンエア
10/12(水) 高橋みなみが生出演
10/13(木) フレデリックが生出演

関連記事(外部サイト)