あなたは「自分の顔」のこと、どう思う?

あなたは「自分の顔」のこと、どう思う?

あなたは「自分の顔」のこと、どう思う?

あなたは自分の顔についてどのように思っていますか? 誰かに、何かに似ている「〇〇っぽい顔」というのもあれば、その雰囲気から「お金持ちそう」「薄幸そう」なんて言われる人もいます。
住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「BLUE OCEAN」では、「顔について思うこと」をテーマにメッセージを募集しました。リスナーの皆さんから届いた「顔」についてのエピソードを紹介します。



★前歯大きい人のあるある
「昔から『ウサギっぽい』とか『リスっぽい』と言われることが多いです。これだけ聞くと小動物っぽくてかわいい女の子のようですが、言われる要因は“歯”。前歯が大きいのでネズミ系に例えられがちなんです。ちなみに水の中にいる時は、『ビーバー』と言われます。前歯が大きい人のあるあるだと思います」(28歳・女性)

★ミカン箱に捨てられた子犬顔
「私は童顔なのですが、よく『ミカン箱に捨てられた子犬顔』と言われます。友だちに会うと犬のように頭を撫でられます」(31歳・女性)

★ジブリ顔?
「私は昔から親に『ジブリ顔だね』と言われてきました。私はジブリ作品が大好きなのでヨッシャと思っていたのですが、専門学校時代には『死んだ魚の目をしている』と言われるようになりました。その時に『あれ? ジブリ顔と言われていたけど、主人公ではなく脇にいるちょっと個性の強いほうか!』と気がつき、がっかりしたのを覚えています。物は言いようですね」(27歳・女性)

★“マリナさん”
「昔、“マリナさん”と言われていました。おニャン子クラブの全盛期で、かわいい渡辺満里奈さんに似ていたからです。現在は似ても似つかないおばさんになってしまった私を、今だに“マリナさん”と呼んでくれる同級生。自然と笑いがおこります。恥ずかしいから外で言わないでください(笑)」(43歳・女性)

★ブスからの脱却
「大学生の頃、道を歩いていたら、知らない男子高校生が通学バスの窓から顔を出して、私に向かって『ブ〜ス!』と叫び通過していったことがありました。他人からブスと言われ衝撃を受け、その時からブスから脱却する努力をしてきました。笑顔やメイクを研究するきっかけになりました。ざまあみろ!」(39歳・女性)

このメッセージに対し、住吉は「この経験、私もあります! 大学生の頃、ナンパのような感じで、自転車に乗っている人についてこられたとき、私が『うるさい!』と言ったら、『ブ〜ス!』と言われたこと、思い出しました」と、自身の体験を明かしました。

★顔に合わせて英語の勉強を…
「私は肌の色が黒目で、アジア顔だとよく言われます。特に言われるのは、『英語が喋れそう。外国人の彼氏がいそう』です。でも、英語は苦手で全くそんなことないんです。見た目からか、よく外国人の方から道を聞かれたりもします。顔に合わせて英語を勉強しようかと思っています」(28歳・女性)

★父の遺伝子はどこへ…
「私の顔は母にそっくり。父の遺伝子はどこへという感じです。小さい頃からどこに行っても誰と会っても「お母さんと本当にそっくりだね」と言われていました。私はそれが嫌で嫌でたまりませんでしたが、年齢を重ねるにつれ嬉しく感じるようになりました。母を見ると私の将来の顔を見るようです」(31歳・女性)

★いつも笑っていたい
「私がケーキ屋さんで働いていた時のことです。よく来店される女性のお客様に、顔がいつも怒っている方がいました。普通の顔なのに、お母さんなのに、顔が怒っていて不思議だと主人に話すと『いつも怒っている人は怒った顔になる。いつも笑っている人は笑った顔になるんだよ』と言われ、なるほどそうだなと思いました。私も普段の顔が笑っている素敵な女性になりたいと思います」(女性)

いかがでしたか。もし「〇〇に似てる」と言われて悲しい思いをしても、メイクや髪型で見た目を変えることはそんなに難しいことではありません。それよりも大切なのは、顔のイメージを変えること。“眉間のしわ”より“笑顔じわ”。幸せが顔に表れるような人になれるよう、今日も笑顔で過ごせますように!


<番組概要>
番組名:Blue Ocean
放送日時 :毎週月〜金曜8:55〜11:00
パーソナリティ:住吉美紀
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/bo/

関連記事(外部サイト)