漫画家やくみつる「宇治原史規君や麻木久仁子さんと飲みに行って…」麻美ゆまのあなたに会いたい!〔後編〕

漫画家やくみつる「宇治原史規君や麻木久仁子さんと飲みに行って…」麻美ゆまのあなたに会いたい!〔後編〕

日刊大衆

 先週に続いて、漫画家でコメンテーターとしても人気の、やくみつるさんとの対談です。初対面にもかかわらず、私の名前を“害虫”扱いするわ、外見だけで“智”がないと言うわ、正直、こんな人だとは思わなかった(笑)! でも、なんで私には“智”がないのかなぁ。

ゆま「どうして見た目で、私がバカだと分かるの?」

やく「いやいや、バカとは言っていません。“智”というのは、眼鏡のフレームとツルの出っ張りの部分のことなんです」

ゆま「え?」

やく「けっこう専門用語なので、知らないでしょ? つまり、眼鏡をかけている私には“智”があって、裸眼の麻美さんには“智”がない。ちょっとした雑学です」

ゆま「なーんだ(笑)。安心した。面白いですね! 飲み会なんかで使ったら、人気者になれそう」

やく「よかったです。ぜひ使ってみてください」

ゆま「他にも何か、面白い雑学ないですか?」

やく「アハハハ。じゃあ、クイズを一つ。私は以前、一日消防署長をやらせてもらったことがあるんです。そのとき、消防士の服の裏にポケットがあることに気づいたんです」

ゆま「裏側に?」

やく「はい。正確に言えば、裏側に内ポケットがあるんです」

ゆま「そんなところに? え〜、なんでだろう……」

やく「考えてみてください」

ゆま「うーん、と。アレかな? 貴重品とかを入れておく。身分証とか!」

やく「残念、違います。その服は、消防服ですよ。火の中で消火活動を行うんですよ」

ゆま「保冷剤入れ?」

やく「素晴らしい! 正解です。消防士さんも消防服を着ていても、熱さでバテるらしいんです。それを防ぐために、背中に保冷剤を入れておくんです。実際、消防署のバックヤードにはアイスクリームケースのような物があって、そこには山ほどの保冷剤が保管されているんです」

ゆま「へええ! すごく面白い。クイズって楽しい」

やく「私もクイズが大好きです。クイズ番組で、よく共演する芸人さんの宇治原史規君や、女優の麻木久仁子さんとも飲みに行くんですが、そこでも、ずっとクイズを出し合っています」

ゆま「アハハ。その飲み会だけで番組になりそう」

やく「店員さんからは呆れられた目で見られますけどね(笑)」

ゆま「いやあ、女子的にはすごくイイと思いますよ。飲みながらクイズを出してもらえるとか、会話も弾みそうだし、物知りの男性はステキに見えます」

やく「めっそうもない」

関連記事(外部サイト)