田中邦衛、古賀稔彦、風間ルミ…2021年逝去スターたちの「忘れられない」人生の金言

田中邦衛、古賀稔彦、風間ルミ…2021年逝去スターたちの「忘れられない」人生の金言

画像はイメージです

 2021年も多くの有名人がこの世を去った。12月18日には、神田沙也加が急死(享年35)するという衝撃的なニュースも飛び込んできた。彼らが遺した心にしみ入る言葉の数々、“人生の金言”を届けよう。

 まずは俳優から。3月24日に老衰で亡くなったのは田中邦衛(享年88)。映画『若大将』シリーズの青大将と、ドラマ『北の国から』(フジテレビ系)で演じた黒板五郎は、彼が演じた2大キャラクターだ。

「夫婦仲? 普通ですよ。オレ、女房の尻に敷かれてるから。妻と2人の娘に恵まれ、こんな顔をして役者で飯を食わせてもらえるなんて、本当にラッキーだと思ってます」(『女性セブン』1977年12月8日号)苦労人らしい彼の述懐だ。

 吉本新喜劇の名物芸人だったチャーリー浜は4月18日、誤嚥性肺炎で死去(享年78)。「ごめんくさい」などの一発ギャグで一世を風靡。リバイバルヒットした「○○じゃあ〜りませんか」は、91年の『流行語大賞』の年間大賞にも選ばれた。

 次はアスリート。92年のバルセロナ五輪の柔道男子71キロ級金メダリスト、“平成の三四郎”の異名を取った古賀稔彦は3月24日に、がんで死去(享年53)。

 五輪直前の稽古で左膝を負傷。痛み止めを打ちながら決勝で判定勝ちし、奇跡の金メダルといわれたが、「ケガするまでは“優勝したい”という気持ちでしたが、ケガを境に“これで優勝できる”という確信に変わりました。いろんな雑念が吹っ切れたとでもいうのでしょうか」(『現代』92年12月号)

 3月26日に肺がんで死去したのは、“キックの鬼”こと沢村忠(享年78)。66年にデビューした沢村は『キックボクシング』(TBS系)中継で破竹の快進撃。必殺技“真空飛び膝蹴り”は彼の代名詞だった。引退後は表舞台から姿を消した沢村だが、晩年は、「キックボクサー・沢村忠と呼ばれるより人間・沢村忠と紹介されたい」と語っていたという。

関連記事(外部サイト)