『妻、小学生になる。』堤真一・石田ゆり子を食うかも? 若手筆頭・蒔田彩珠と朝ドラ『おちょやん』少女時代を演じた10歳子役の期待しかないポテンシャル

『妻、小学生になる。』堤真一・石田ゆり子を食うかも? 若手筆頭・蒔田彩珠と朝ドラ『おちょやん』少女時代を演じた10歳子役の期待しかないポテンシャル

※画像は『妻、小学生になる。』公式ホームページより

 1月21日からスタートする『妻、小学生になる。』(TBS系)。人間関係の素晴らしさと難しさ」を描き、高い支持を得ている「金曜ドラマ」枠、今回はなんと「転生モノ」である。

 10年前に最愛の妻を亡くし、生きる気力を失っている新島圭介(堤真一/57)は、ひとり娘の麻衣の幸せを願ってはいるが、それを表現することもできない。コミュニケーションがうまく取れないまま、「ゾンビ」のように過ごす親子。そこに現われるのが、輪廻転生によって「白石万理華」として転生した妻。しかし彼女は小学生で……。

 主演の堤真一、そして妻役の石田ゆり子(52)の演技に期待が高まるのはもう言わずもがな。それは大前提としておいておき、今回のドラマのキーマンとなるのは少女2人である。

 まず、ひとり娘の麻衣を演じる蒔田彩珠(19)。今クール、同じくTBSの火曜ドラマ『ファイトソング!』で主役を演じる清原果耶(19)とともに、将来のドラマ界を担っていく才能だと思っている。

関連記事(外部サイト)