若大将・加山雄三、85歳になっても現役バリバリ!「実は日本のシンガーソングライターの草分け」ほか超人伝説一挙公開

若大将・加山雄三、85歳になっても現役バリバリ!「実は日本のシンガーソングライターの草分け」ほか超人伝説一挙公開

画像はイメージです

 6月19日、歌手・加山雄三(85)が、年内をもってコンサート活動から引退することを発表した。

「“人間、いつかは終わる。まだ歌えるうちにやめたい”と決断したようです。12月の豪華客船・飛鳥2での船上ライブが、最後になります」(音楽関係者)

 そこで今回は若大将の幾多の伝説を振り返りたい。

 加山は、1960年春に東宝に入社し、『男対男』で映画デビューすると、61年には『夜の太陽』で歌手デビューし、大ヒットを連発。一気にスターになった。『若大将』シリーズのDVDでライナーノーツを執筆するなど、加山雄三に詳しい音楽評論家の鈴木啓之氏は、こう語る。

「作曲家・弾厚作として作曲を手がけた『君といつまでも』が350万枚という大ヒット。プレスリーが世界を席巻すればすぐにカバーし、ベンチャーズによるエレキ時代より前に、高価なギターやアンプを海外から取り寄せて研究し、自分のものにしてしまう。そういう先進性がありました」

 数多くの楽曲が、この先進性を証明している。

「62年に映画『日本一の若大将』の宣伝用としてリリースされた『グリーン・フイールズ』などの楽曲が、加山一人による多重録音で制作されているんです」(音楽ライター)

 70年代に大瀧詠一がナイアガラ・レーべルでやっていたような最先端の音楽を、その10年以上も前に創造していたというのだ。

「66年に『エキサイティング・オブ・加山雄三』を発表しましたが、大瀧詠一も、山下達郎も、竹内まりやも、ユーミンも、このアルバムを聞いて憧れた。加山さんは日本のシンガーソングライターの草分けだったんです」(前出の鈴木氏)

関連記事(外部サイト)