ぶっちぎり評価・長澤まさみ主演『エルピス』眞栄田郷敦がポンコツADで完全覚醒、危険すぎる“ゴリゴリ社会派ドラマ”をエンタメとして成立させた脚本・渡辺あや氏の眼力

ぶっちぎり評価・長澤まさみ主演『エルピス』眞栄田郷敦がポンコツADで完全覚醒、危険すぎる“ゴリゴリ社会派ドラマ”をエンタメとして成立させた脚本・渡辺あや氏の眼力

※画像はカンテレ『エルピス』公式サイトより

 長澤まさみ(35)主演の月10ドラマ『エルピス-希望、あるいは災い-』(カンテレ制作・フジテレビ系)の第1話が10月24日に放送され、新米ディレクター・岸本拓朗役の眞栄田郷敦(22)が新境地を開いたなどと、多くの視聴者から称賛の声が寄せられている。

 同ドラマは、映画『ジョゼと虎と魚たち』やNHK朝ドラ『カーネーション』などの名作で知られる、渡辺あや氏の民放初執筆となるオリジナル脚本で、実在の複数の事件から着想を得て制作された社会派エンターテインメント。演出はNHK大河ドラマ『いだてん』や映画『モテキ』などを手掛けた、大根仁氏らが務める。

 主人公は、大洋テレビのアナウンサー・浅川恵那(長澤まさみ)で、人気、実力ともに兼ね備えたエース級の女性アナウンサーだったが、週刊誌に路上キスを撮られて番組を降板。現在は、社内で“制作者の墓場”と揶揄(やゆ)される深夜の情報番組『フライデーボンボン』でコーナーMCを担当している。

 また、郷敦が演じる拓朗は、弁護士夫婦の息子として裕福な生活を送り、エスカレーター式に名門私立大学へ進学。家庭環境とルックスも相まって自己評価が高く、能天気でマイペースな性格だが、ディレクターとしての実力・評価は低く、空気が読めないため現場では怒られてばかり。

 第1話は、番組で芸能ニュースを担当する拓朗が、ヘアメイクのチェリー(三浦透子/26)に、手出し禁止になっているにもかかわらず、ボンボンガールの篠山あさみを口説いている録音データで脅される。それを秘密にする代わりに、ある連続殺人事件の犯人とされている、死刑囚の冤罪を証明するよう依頼された。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?