中居正広「盲腸がん」報道から「1か月休養」、『金スマ』も「完全オワコン」コア視聴率1.8%で噴き出す「唯一の親友」松本人志の「吉本興業入り」話!

中居正広「盲腸がん」報道から「1か月休養」、『金スマ』も「完全オワコン」コア視聴率1.8%で噴き出す「唯一の親友」松本人志の「吉本興業入り」話!

中居正広、松本人志(ダウンタウン)

 重病説も取り沙汰されている元SMAPの中居正広(50)が、吉本興業入りする可能性もある、と11月10日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が報じた。

 中居は体調不良のため、10月に入ってから『中居正広のキャスターな会』(テレビ朝日系)や『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)、『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)など、レギュラー番組を相次いで欠席。

 10月15日の『キャスターな会』で3週間ぶりの復活を果たしたものの、その激ヤセぶりに「ほんとに中居くん痩せたな…ちょっと見ないだけで一気に痩せたからほんとに心配」「やっぱり、頬がこけてるなぁって思って、元気そうにしてるけどなんか隠してないかなぁってすごく心配です」といった声が寄せられた。

 さらに、10月27日発売の『週刊新潮』(新潮社)が、中居が9月に盲腸がんの摘出手術を極秘で受けていたとも報じ、波紋を広げた。中居に近い関係者は「部位が非常に悪く、油断ができない」とも述べていた。

■「何があったかは言いたくない」と病名は明かさず

 11月4日には、1か月の休養に入ると正式に発表。翌5日の『キャスターな会』に出演した中居は「今日の放送をきっかけに、1か月ほど休養を取らさせていただくことになりました」と説明。症状や病名などについては「だましだましでいきたいので。うやむやにしたい。何があったかは言いたくない」と言及せず、「(周りも)上手くごまかされてほしい。ユーモアを交えて話せる時期が来たら話したい」と明るく語った。

 中居は2020年3月をもってジャニーズ事務所から独立し、個人事務所「のんびりなかい」を設立して再スタートを切ったが、慣れない社長業も負担になっていたようだ。

 テレビの仕事に加え、税理士とのやりとりや事務作業をこなしつつ、ファンサイトの運営費や人件費といった負担も大きいという。『週刊文春』によると、大手事務所のような営業力もないため、CMを取ってくることができないのも痛手だったとされる。

 SMAP解散前には約6~7億円あった年収は独立後、3分の1の2億円ほどにとどまっているとされ、休養が続くようなら「のんびりなかい」の存続も危ぶまれると記事では伝えている。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?