吉沢亮『PICU』自殺未遂にすい臓ガン発覚…鬱展開の連続と救いの南ちゃん・大竹しのぶの離脱に「崩壊の懸念」

吉沢亮『PICU』自殺未遂にすい臓ガン発覚…鬱展開の連続と救いの南ちゃん・大竹しのぶの離脱に「崩壊の懸念」

※画像はフジテレビ『PICU』公式サイトより

 吉沢亮(28)主演の月9ドラマ『PICU 小児集中治療室』(フジテレビ系)の第5話で、主人公の親友の自殺未遂に続き、母のすい臓ガンの疑いが発覚。鬱展開の連続に平均世帯視聴率が7.5%(ビデオリサーチ社調べ/関東地区)と、前回から1.6ポイントダウンするも、見逃し配信の再生数は好調を保っている。

 同ドラマは、北海道の丘珠病院に勤務する小児科医、“しこちゃん先生”こと志子田武四郎(吉沢亮)が主人公で、幼いころに父を亡くし、母・南(大竹しのぶ/65)とふたり暮らし。新設されたばかりのPICUに異動を命じられ、小児集中治療のパイオニア・植野元(安田顕/48)と出合う。

 11月7日放送の第5話は網走で救命医として働いている、武四郎の親友・矢野悠太(高杉真宙/26)が、丘珠病院に救急搬送されてくる。悠太は札幌のホテルに宿泊していて、ベッド脇で大量の睡眠薬が発見されたが、武四郎は悠太が自ら命を絶とうとしたことが信じられない。

 そんな中、南が自宅で倒れる。武四郎の幼なじみで、南のバスガイドの後輩でもある、桃子(生田絵梨花/25)がフラダンス教室への迎えに来ていたときのことだった。南は「腰痛がひどくて。大丈夫」と気丈に振る舞ったが、武四郎が作った弁当を食べずに捨ててしまう。

 その後、悠太からの手紙で自殺未遂だったことを知った武四郎は、「最低だよ。見損なったよ」と、生きたくても生きられない子を思って怒った。すると、南が「生きたくても生きられない人もいる、でも、その反対の人もいる。悠太の命は悠太のものだよ」と諭した。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?