松本潤を襲う「ガリガリ激ヤセ」の試練!!「17年恋人」井上真央と“シンクロする”「木村拓哉級プレッシャー」!

松本潤を襲う「ガリガリ激ヤセ」の試練!!「17年恋人」井上真央と“シンクロする”「木村拓哉級プレッシャー」!

松本潤(嵐)と井上真央

 2023年に放送を控えているNHK大河ドラマ『どうする家康』。嵐の松本潤(39)は、大河ドラマ初出演かつ初主演ということで全力で挑んでいるようだが、少し体調が心配になってくるニュースを11月24日発売の『女性セブン』(小学館)が報じた。

「松本さんは、“徳川家康”を演じるための役作りだったのか、今年の5月『どうする家康』の公式ツイッターでメッセージ動画を投稿した時点では顔がパンパンで、明らかにいつもより太っていました。

 ところが、今回の『女性セブン』の記事によると、松本さんは“激ヤセ”していて、そのせいで衣装直しが必要になったというんです」(女性誌編集者)

 記事によれば当人は「戦国武将を演じるために筋トレしてるから痩せた」としているものの「クランクイン前にしっかり採寸して作ったはずの衣装や甲冑が、松本さんの体形が変わったことで緩くなってしまい、何度か“緊急手直し”しながら撮影している」とのことで、スタッフが心配しているという。

「座長だし、周囲は超一流の役者陣。かつ、直前の作品が三谷幸喜脚本で圧倒的な注目を集めている小栗旬さん(39)主演の『鎌倉殿の13人』です。

 くわえて、徳川家康は日本の戦国時代を語るうえで織田信長、豊臣秀吉と並ぶ“三英傑”ですが、『どうする家康』では松本さんの先輩で名俳優の岡田准一さん(42)、1月27日には大先輩の木村拓哉さん(50)が主演映画『THE LEGEND&BUTTERFLY』で、それぞれ“織田信長”が登場します。

 一流役者であるジャニーズの先輩2人の強烈なインパクトに負けない芝居をしなきゃいけない、というプレッシャーは相当なものでしょうね」(前同)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?