YouTuberかいばしら「スプラッター映画が持つスピード感やテンションの高さ」麻美ゆまのあなたに会いたい!(前編)

YouTuberかいばしら「スプラッター映画が持つスピード感やテンションの高さ」麻美ゆまのあなたに会いたい!(前編)

かいばしら(左)と麻美ゆま

 今回のあなたに会いたいは、映画紹介ユーチューバーの“かいばしら”(以下=かい)さんです。ユーチューブチャンネル『GEKIDAN KAIBASHIRA』では、主にホラー系の映画をレビューされていて、分かりやすい語り口と忖度のない解説をしてくれるとあって、登録者数は30万人超え。かくいう私も、ホラー系、特に血とか内臓がブッシャーと飛び散る“スプラッター映画”が大好き(笑)! さっそく、オススメの映画を聞いてみました!

ゆま「最近、スプラッター映画が大好きってことを、あまり周囲に言わないようにしているんです」

かい「どうしてですか? 僕もスプラッター映画は好きで、よく見ていますよ」

ゆま「そんなふうに口にすると、引かれるじゃないですか。特に、男の人に“こいつ、ヤバい女だ”みたいに思われて……。せっかくの出会いのチャンスも、この趣味のせいでダメになっている気が……」

かい「アハハ。これは、あくまで僕の持論ですが、みんな、本当は引いているわけではないと思うんです。ただ、大量の血が飛び出るような映画に対して、拒否反応を示しておかないと、自分が異常者だと思われそうで怖いんです。要は、“自分は、まともな人間ですよ”とアピールしているだけのように思うんです」

ゆま「確かに! そういう人だって、家では、こっそり血が吹き出るシーンを見て、興奮しているのかもしれませんね」

かい「はい。ちなみに、麻美さんは、スプラッター映画の、どういうところにひかれますか?」

ゆま「あのハチャメチャなノリですね。ありえないぐらいの量の血がブッシャーと吹き出たり、内臓がドバァとまき散らされたり、怖いけど、笑っちゃうというか……。あと、セクシーなお姉さんがヤラれるシーンなんかも好きです」

かい「気が合いますね~。僕も、スプラッター映画の持つスピード感やテンションの高さが好きです。ホラーなのに、ウジウジしていないところがいいです」

ゆま「アハハ。確かに、ウジウジはしていませんね」

かい「好きなスプラッター映画は何ですか?」

ゆま「いっぱいありますけど、ざっと上げると『ミッドサマー』や『ファイナル・デスティネーション』『ホステル』シリーズ……」

かい「あ~、基本的には“痛めつける系”が好きなんですね」

ゆま「はい(笑)。痛めつけられているシーンを見ると、変なアドレナリンが出て、興奮してきちゃうんです」

かい「今年の夏に、日本でも公開された映画『哭悲 』は観ましたか?」

ゆま「観てないです。それも、かなりエグいんですか?」

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?