中森明菜、紅白「絶望的」どころか「オファー一切ナシ」回答の“怪”!!「再々休止懸念」も浮上の深刻理由!

中森明菜、『NHK紅白歌合戦』出場のオファーは一切ナシ? 体調回復を優先か

記事まとめ

  • 『NHK紅白歌合戦』の出場アーティストが発表されたが、中森明菜の名前はなかった
  • 明菜の新事務所HZ VILLAGEは、活動予定は今のところございませんと説明
  • 「メディア出演のオファーをいただいたことは一度もございません」と強調したという

中森明菜、紅白「絶望的」どころか「オファー一切ナシ」回答の“怪”!!「再々休止懸念」も浮上の深刻理由!

中森明菜、紅白「絶望的」どころか「オファー一切ナシ」回答の“怪”!!「再々休止懸念」も浮上の深刻理由!

※画像は中森明菜の公式サイトより

 11月16日、大晦日恒例の『NHK紅白歌合戦』の出場アーティストが発表されたが、出場が濃厚視されていた中森明菜(57)の名前はそこにはなかった。

<今年2022年は、デビューさせていただいてから40年になります。デビュー40周年として、何らかの活動をと日々体調と向き合ってきておりましたが、まだ万全な体調とは言えません。

 ゆっくりになってしまうと思いますが、歩き出していきたいと思いますので、どうか見守っていただけると嬉しいです。>

 8月30日、明菜が突如としてツイッターアカウントと公式サイトを開設して上記のメッセージを発表。多くのファンや芸能関係者をザワつかせた。

※画像は中森明菜の公式ツイッター『@akinan_official』より

 明菜は2010年に帯状疱疹で芸能活動を休止。2014年の『NHK紅白歌合戦』にサプライズ出演して活動を再開するも、2017年に35周年のディナーショーを最後に、表舞台に現れていない。

 しかし、このタイミングでツイッターとホームページを開設したことで、7年前に復帰の場に選んだ『紅白』で活動を本格的に再開させるのではないか、とささやかれた。ところが、出場アーティストに明菜の名前はなかった。

■「オファーをいただいたことは一度もございません」

 明菜の新事務所「HZ VILLAGE」の全貌は謎に包まれており、明らかになっているのは新事務所で監査役を務めるのが弁護士のK氏であることのみ。

 11月24日配信の『smartFLASH』が、K氏に明菜の活動再開予定について問い合わせたところ「中森関係の取材についてですが、HZ VILLAGEに取材対応窓口ができました」と返答があったという。

 そして、その新事務所の取材対応窓口は「現在は、中森明菜本人の体調回復を優先させていただいており、活動予定は今のところございません。ファンクラブの移行に関しましては、予定通り12月中にオフィシャルサイトにてご案内させていただく予定です」と説明。

『紅白』への出演予定もなく、「メディア出演に関するオファーに関して、HZ VILLAGE所属の中森明菜として、オファーをいただいたことは一度もございません」と強調したという。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?