篠田麻里子「年内離婚」も!!「福原愛・あびる優的」“ドロ沼”調停が決着間近!娘の親権は…!?

篠田麻里子「年内離婚」も!!「福原愛・あびる優的」“ドロ沼”調停が決着間近!娘の親権は…!?

篠田麻里子、福原愛、あびる優

 離婚に向けて話し合いが行なわれていると報じられている元AKB48の篠田麻里子(36)に、新たな動きがあるという。ワイドショー関係者が明かす。

「現在、監護権を巡って夫のA氏と調停中だという篠田さんですが、間もなく目途が立つそうなんです。結論が出れば、その後、早ければ年内にも離婚することになるといいます」

 監護権とは、親権に含まれる子どもに関する権利のことで、子どもとともに生活をして日常の世話や教育を行う権利を指す。

 今年8月、3歳年下の実業家であるA氏との別居が報じられた篠田。

 篠田とA氏は2019年2月に“交際0日”で結婚し、2020年4月に女児を出産。2021年5月には子どもを持つ母親の投票で選出される「第13回ベストマザー賞」を受賞。同賞の「子育て応援・ママ応援大使」にも起用されていた。

 2020年8月にYouTubeチャンネル『篠田麻里子ん家』を開設。A氏と長女もたびたび動画に登場し、2月16日にはA氏の顔を初解禁するなど、ママタレとして活発に情報を発信していた。

■夫は篠田の不倫を疑って長女と実家へ

 そんな篠田夫妻が別居している、と8月25日発売の『女性セブン』(小学館)が報じた。別居の原因はA氏が篠田の浮気を疑ったことだといい、篠田は否定したものの、不信感を募らせたA氏は長女を連れて実家に戻ってしまったとされる。

 12月1日の『女性セブン』ではその後の経緯を伝えており、何度も話し合いが持たれたものの、その後も夫婦関係が修復されることはなかったという。

 A氏は、篠田と実業家のB氏の男女関係を疑っているとも記事では報じている。B氏はアスリートや芸能人の友人が多く、自身もメディアに出演するカリスマ経営者。篠田とは共通の知人を通じて知り合い、次第に2人で会うようになっていったようだ。

 B氏は自宅とは別に複数の物件を保有しており、都心に建つタワーマンションのオフィスでは、朝まで2人きりで過ごしたこともあったという。

 篠田は不倫関係を完全否定。しかし、相手の男性も一向に話し合いの提案に応じようとしないため、A氏は近くB氏を提訴する意向だというから穏やかではない。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?