本田翼主演『君の花になる』視聴率惨敗も…高橋文哉・宮世琉弥ら8LOOMメンバー「ファン倍増」を導いた「したたかな戦略」

本田翼主演『君の花になる』視聴率惨敗も…高橋文哉・宮世琉弥ら8LOOMメンバー「ファン倍増」を導いた「したたかな戦略」

※画像はTBS『君の花になる』公式サイトより

 本田翼(30)主演の火曜ドラマ『君の花になる』(TBS系)の第9話が12月13日に放送され、平均世帯視聴率が4.9%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)と惨敗。その反面、劇中に登場する、期間限定活動のボーイズグループ・8LOOM(ブルーム)の人気が加熱する、ねじれ状態を起こしている。

 同ドラマは、幼いころからの夢だった、高校教師として前向きに奮闘していた仲町あす花(本田翼)が、ある出来事により挫折し、退職。ひょんなことから崖っぷちの7人組ボーイズグループ・8LOOMの寮母となり、一緒にトップアーティストの夢に向かっていく物語。

 8LOOMのメンバーは、俳優の高橋文哉(21)と宮世琉弥(18)、綱啓永(23)、山下幸輝(21)。ダンスボーカルユニット・WATWINGの八村倫太郎(23)とBUDDiiSの森愁斗(20)、ミュージシャンのNOA(22)の7人が演じる。

 第9話は、あす花(本田翼)と弾(高橋文哉)のツーショット写真がネットで拡散され大騒ぎとなる。自らの意思で事務所を訪れたあす花に、花巻社長(夏木マリ/70)は、8LOOMの幸せを願うなら弾と決別するようにと宣告。あす花はみんなの前から姿を消してしまう。

 一方、マネージャー・ケンジ(宮野真守/39)は、メンバーが謝罪配信をすることを提案。しかし、弾はあす花との間に後ろめたいことは何もないと、謝罪を拒否。弾は花巻社長に活動自粛を言い渡され、他のメンバーはファンの信頼を取り戻すため懸命に活動して……という展開。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?