風間トオルが貧乏時代を告白「カマキリの足、新聞紙や教科書も食べた」

記事まとめ

  • 風間トオルは5歳のときに両親が離婚したと話し、祖父母との貧乏生活を明かした
  • 公園や、多摩川の河原で食べられる草花を必死で探し、飢えをしのいだそう
  • 「カマキリの足をかじってみたり、新聞紙や教科書まで口に運んでみました」とも語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております