三代目・岩田は局アナ志望!? イケメン俳優たちが目指した「夢」とは?

三代目・岩田は局アナ志望!? イケメン俳優たちが目指した「夢」とは?

記事画像

 公式ツイッターのフォロワー数が100万人を突破するなど、人気絶頂の三代目 J Soul Brothersの岩田剛典(27)。ダンスだけでなく俳優としても注目を集めている岩田だが、実は大学時代には、ダンサーでも俳優でもなく、まったく違う職業を目指していたという。

 その職業とは「アナウンサー」。三代目JSBに加入したのは2010年の頃で、当時まだ慶応義塾大学に通う学生だった岩田。もちろん、他の就活生のように就職活動もしていたそうで、エントリーした企業の中には日本テレビのアナウンサー職もあったらしい。しかしエントリーシートは通ったものの、一次面接で落とされてしまった。その後、別の企業から無事内定をもらったようだが、そこを蹴って今の道を歩む決心をしたそうだ。

 そして、教師になるという夢を持っていたのが、こちらも今大人気の若手俳優、菅田将暉(23)。思春期の頃は数学好きで、なにかと理屈っぽい少年だったようで「数学の教師になりたかった」と、女性誌のインタビューで語っている。しかし、自ら「親父が天才」と説明するほど尊敬する、経営コンサルタントとして活躍する父親の姿を見て考えをあらためたそう。2016年は映画にドラマに大活躍した菅田。いろいろな役柄にチャレンジしているが、数学教師姿の菅田を見たいと思う人も多そうだ。

 さらに、俳優の瀬戸康史(28)はもともと獣医になるのが夢だったと、2013年に公開された映画『ジャッジ』の舞台挨拶で語っている。「小学校の頃はムツゴロウ王国に入りたかったくらい」と語るほど動物好きのようで、高校時代も獣医や動物関連の科目を選択するなど、かなり本気モード。しかし、親の勧めで芸能界入りを決めたという。「そのときが一番決断を迫られた瞬間だった」と本人も苦渋の選択だったようだ。今でも未練はあるようで、「獣医役(のオファー)が、これから来ればいいな」と語っていた。

 今や芸能界に欠かせない存在の彼らだが、別の道を歩んでいたとしても、それぞれの場所できっと力を発揮していたことだろう。

関連記事(外部サイト)