きゃりーにAKB柏木「料理が残念」な女性タレントたち

きゃりーにAKB柏木「料理が残念」な女性タレントたち

記事画像

 今や“ファッションモンスター”として、日本のみならず世界で人気を博している、モデルで歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(23)。ポップな雰囲気で料理などしそうにないイメージだが、まさしくその通りで、料理は苦手らしい。以前、ツイッターに「夜ご飯作った」とビーフシチューとハンバーグの写真をアップ。しかしあまりに赤いその見た目に「あ、赤い…グロいけど美味しそうだね」」「野菜がないです!」などのツッコミコメントが寄せられていた。

 もっとも、これは料理が苦手というより、極度の偏食に原因がありそう。実はきゃりーは大の緑黄色野菜嫌いのようで、ツイッターでも「今日はじめてセロリを噛んだけど…何あれ花じゃん」と投稿したり、自作の焼きそば写真をアップした際には「野菜? そんなのいらねぇ! 失せろ!」とツイートしていたりする。つまり緑黄色野菜が食べられないため、必然的に色味の良くない料理写真になってしまったというわけだ。

 その点、正真正銘の料理ベタといえそうなのが、AKB48の柏木由紀(25)。ラジオ番組で「目玉焼き」のことを「オムレツ」と言い間違えて他のメンバー全員に総ツッコミされたこともある柏木は、実際、高校生の頃まで卵を割ることもできなかったという。今では「最近、卵を割るようになったし、料理はいけるくちです」と発言しているものの、その程度では腕前も推して知るべしである。

 お笑いコンビ、北陽の“あぶちゃん”こと虻川美穂子(42)も、料理ベタがもはやネタになってしまっている。ブログでもベーコンとキャベツの炒めものを作ったら焦がしてしまった、などの失敗エピソードを披露していたのだが、昨年、第一子となる長男を出産してからは離乳食作りに奮闘。何度も失敗を重ねつつも、愛する一人息子のために見事、離乳食を作ってみせた。

 料理の腕前は女子力をはかる大きなポイントといわれるが、あまりに完璧すぎても男はかえって引いてしまうもの。ある程度までの料理ベタは愛嬌で、むしろ魅力といえなくもない!?

関連記事(外部サイト)