バナナマン設楽「高校時代の停学話」に、ファンは納得?

バナナマン設楽「高校時代の停学話」に、ファンは納得?

記事画像

 バナナマンの設楽統(43)が、9月2日に放送されたラジオ番組『バナナマンのバナナムーンGOLD』(TBSラジオ)で、高校時代にたばこを吸って停学処分になったことを明かした。驚かれるかと思いきや、世間では「やっぱりヤンチャだったんだな」と納得する人が多かったようだ。

 この日の番組では、リスナーから「高校生活最後の体育祭で、一日だけ髪を染めることを許された」という投稿があったことから、設楽の高校時代の思い出に話が及んだ。設楽は文化祭でバンド演奏を予定していたため、夜遅くまで準備していたという。そんな中、トイレでたばこを吸っているところを先生に見つかって停学に。相方の日村勇紀(44)から「そこは先生助けて〜」と笑われ、設楽も「運が悪かった」と嘆いたが、続けて「運が悪かったんじゃない、たばこ吸っちゃだめなんだもん」と素直に過去を反省した。

「最近は朝の顔として幅広い層に支持されている設楽ですが、ヤンチャなエピソードには事欠きません。同番組でも、かつて若手芸人の頃、眠ったままなかなか起きない構成作家をスタンガンで脅かして起こしたというエピソードを披露していました。最近だと、8月2日に放送された『オトナ養成所 バナナスクール』(東海テレビ)での同級生との話が印象深いですね。高校時代の級友から“自動販売機で飲み物を買おうとしていると設楽が勝手にボタンを押す”なんて、当時の設楽のキャラが分かる、かわいらしい話を暴露されてました」(お笑いライター)

 2012年から情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)でMCを務め、すっかり朝の爽やかなイメージがついている設楽。しかしテレビでときおり見せるヤンチャな顔を視聴者は見逃していないようだ。今回のラジオでの発言にも、「朝の番組やってるからちょっと善良なイメージが今はついてるけど、ヤンチャなのちょくちょく見るから納得だわ」「ありそう(笑)設楽がドSなのは有名だし、そういうこと若いころやってた感じ出てる」「時々ヤンチャな顔するよね。高校時代に煙草吸って停学とか、似合う」と納得の声が上がっている。かつてのヤンチャっぷりをファンは期待しているようだ。

関連記事(外部サイト)