山崎賢人「きゅうり間接キス」に、女性ファンが悶絶!!「これめっちゃやりたい!」

『好きな人がいること』山崎賢人演じる夏向の“きゅうりの間接キス”に女子大喜び

記事まとめ

  • 桐谷美玲が主演のフジテレビ系ドラマ『好きな人がいること』の第8話が放送された
  • 桐谷演じる美咲と、山崎賢人演じる夏向の“きゅうりの間接キス”に女子たちは大喜び
  • きゅうりを使った斬新な間接キスに「これは流行りそう」と早くも話題になっている

山崎賢人「きゅうり間接キス」に、女性ファンが悶絶!!「これめっちゃやりたい!」

山崎賢人「きゅうり間接キス」に、女性ファンが悶絶!!「これめっちゃやりたい!」

記事画像

 桐谷美玲(26)が主演を務める月9ドラマ『好きな人がいること』(フジテレビ系)の第8話が9月5日に放送された。そこで登場した、桐谷演じる美咲と、山崎賢人(22)演じる夏向の“きゅうりの間接キス”に女子たちは大喜び。「これは流行りそう!」と早くも話題になっている。

 8話では、池端レイナ(28)演じる大橋尚美プロデュースのダイニングアウトに提供する、料理プレゼンに参加することになった美咲と夏向。二人で食材探しに出向き、距離もグンと縮まっていく。その帰り道、トラックの荷台に揺られながら帰っていると、美咲の隣で夏向はきゅうりを生でかじりだす。それに対し美咲は「また食べてる……」とポツリ。すると夏向は食べかけのきゅうりをスッと美咲に差し出し、美咲もそれをかじって幸せそうにほほ笑んでいる。

 このさり気ないシーンに、世間の女性たちは大興奮。きゅうりを使った斬新な“間接キス”も好評のようで、「ひゃ〜! こんな間接キス素敵すぎる」「きゅうり嫌いだけど、こんなことされたら喜んで食べちゃう……!」「え、好きな人とこれめっちゃやりたい」と放送中からSNSでは多くの女性ファンからの反応が上がった。

 イケメン3人に囲まれて暮らすという設定が生かされた、胸キュンシーンが続出している同ドラマ。野村周平(22)演じる冬真からのバックハグや、夏向が美咲のほおを豪快にムニッとつかみ、にらみ合ったかと思うと、夏向が突然キスをした“顔むにゅキス”、三浦翔平(28)演じる長男の千秋が美咲とバイクを二人乗りした後に、ヘルメットの上から頭をなでた“ヘルメットポンポン”などのシーンが放送されるたびに、女性ファンの間で「憧れる」という声が上がっている。

「今回のドラマで桐谷は、初回から顔を“むにゅ”っとされたり、ちょっと間抜けな役を演じてまして、今回の間接キスシーンも軽トラの荷台で顔中が泥だらけの状態でした。しかしお相手は今をときめく山崎賢人くんです。映画『L・DK』で“壁ドン王子”としてデビューした彼だけに、どんな場面でも胸キュンシーンにしてしまうんですよね。男性の視聴者は単純にきゅうりを食べているだけだと思われるかもしれませんが、女子たちにとっては羨ましすぎるシーンです」(女性誌ライター)

 もはや何をしても女性ファンの心を鷲づかみにしてしまう山崎賢人。ドラマは最終回まで残り2話。どんな胸キュン演出があるか、ハートを落ち着かせて放送を待ちたいところだ。

関連記事(外部サイト)