橋本環奈に大島優子「低身長アイドル」たちの苦悩とは?

橋本環奈に大島優子「低身長アイドル」たちの苦悩とは?

記事画像

 女性タレントが理想とするスタイルといえば、高身長のモデル体型だろう。だが、すべてがそうしたスタイルであるはずもなく、中には身長が低いことに悩み、コンプレックスを抱えるケースも少なくないという。そこで調べてみると、意外な女性タレントたちの名前が浮かび上がってきた。いったいどんな面々なのか、悲痛な叫びとともに紹介してみよう。

 先日、身長を公表して話題になったのが、“天使すぎるアイドル”として知られる橋本環奈(17)。低身長がかなりのコンプレックスになっていたようで、「まだ身長が伸びること願ってます」「身長伸びる為の知恵を皆さん分けてください」とツイッターに投稿し、さらには身長が152cmであることを明らかにしたのだ。身長を伸ばしたいという必死さが痛いほど伝わってきたが、ファンからは「分かってないな〜その身長だからかわいいの!」「152cmがベストです!」など低身長を擁護するコメントが殺到。身長の悩みを知ってもらいたくて投稿した橋本にとっては、予想外の展開となった。

 同じく低身長に悩みつつも、さまざまなアイデアを凝らしているのが、元「モーニング娘。」でタレントの高橋愛(30)。大のファッション好きだが、身長が153cmしかないため、思い通りのファッションを楽しむことができず、ずっと悩んでいたという。そこで始めたのが、背が低いことを感じさせないようにするコーディネートの工夫だった。上半身と下半身を同系色にしたり、ハイウエストのパンツをはいたりしたところ、その思惑は見事に成功。スタイルブックを出版するなど、今では同じ悩みを抱える女性たちのファッションリーダーとして注目を集めている。

 一転して、低身長をポジティブに捉えているのが、元AKB48で女優の大島優子(27)。身長が152cmだという彼女は、以前に出演したラジオ番組で身長の話題になった際、好きになった男性の身長が低かった場合でも、自分の身長がそれよりもさらに低ければ、男性は気まずさを感じなくて済むと、低身長ならではのメリットを紹介。また、父親の身長が160cmほどしかないため、子どもの頃は「他のお父さんよりも小さい」と感じていたそうだが、今では「一緒に歩く際に、お父さんより大きくならなくて良かったとすごく思う」としみじみ語り、リスナーの涙を誘っていた。

 低身長に悩む人もいれば、ポジティブに捉える人もいるなど、感じ方は人それぞれ。一生逃れられないことだけに、悩み続けるのが損なのは間違いないようだ。

関連記事(外部サイト)