浜田雅功、高須克弥の“脱ぎグセ”を注意

浜田雅功、高須克弥の“脱ぎグセ”を注意

記事画像

 9月8日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に、高須クリニック院長の高須克弥(71)が出演。交際している漫画家の西原理恵子(51)からクレームを受け、ダウンタウンの浜田雅功(53)らを驚かせる場面が見られた。

 この日、「芸能界リアルクレーム!」というコーナーで紹介された西原の高須へのクレームは、新幹線の車内で上半身裸になるのはやめてほしいというもの。以前、東京駅まで高須を見送りにいきホームから手を振っていたところ、高須がシャツのボタンを外して上半身を見せつけてきたというのだ。あげく、高須は車掌に見つかり、注意を受けていたという。

 これに対し高須は、「ただただ恥ずかしい」と頭を下げた後に経緯を説明。「彼女(西原)は基本おっさんなんですよ。やたらと触りたがるの、体をべたべた。やめろやめろとやってるんだけど、もうこれで当分会わないんだから、もう新幹線の窓越しだから、“見てみろ、触るなら触ってみろ”と開き直ってやった」と、コメントしていた。

 また高須は、以前にホテルの部屋で西原を待っていた際、チャイムが鳴ったため西原を驚かそうとズボンを脱いでドアを開けたところ、女性のコンシェルジュが立っていた、というエピソードも暴露されていた。これに対し浜田は「今、そういうのはやめたほうがいい」と注意していたが、高須は「(パンツを)はいていたんですよ」と、弁明していた。

「高須は自身の腹筋を、トレーニングせず整形でシックスパックにしていますから、それを見せたかったのかもしれませんね。それはともかく、高須と西原の絡みは西原もネタにしていますし、漫画の読者からも好評です。周囲に迷惑をかけない程度に、これからも楽しませてほしいですね」(芸能誌記者)――今回は、ちょっとやりすぎた?

関連記事(外部サイト)