「美少年すぎる!」2世イケメン芸能人たちをチェックせよ!!

「美少年すぎる!」2世イケメン芸能人たちをチェックせよ!!

記事画像

 最近、親譲りのルックスで注目される「2世」の美少年タレントや俳優が続々と登場しています。

 その一人が、寺尾聡さん主演の連続ドラマ『仰げば尊し』(TBS系)にも出演していた、真剣佑(まっけんゆう)さん。本名は前田真剣佑で、真剣佑というのはなんと芸名ではありません。イケメン若手俳優として注目されていますが、彼の父親は元祖アクション俳優の千葉真一(サニー千葉)さんです。

 ちなみに、真剣佑さんの生まれは米国ロサンゼルス。幼少の頃から空手や器械体操、水泳、ピアノをたしなむという、ある意味、英才教育を受けて育ったそうです。2012年頃からアメリカの映画やショートフィルムに出演するようになり、2014年から日本での活動を本格化。今年3月に公開された映画『ちはやふる 上の句』を皮切りに、今年は彼の出演映画が数多く公開されます。まさに注目株ですね。

 同じく『仰げば尊し』に出演し、来年公開の映画『二度めの夏、二度と会えない君』に主演することが決まっているのは、村上虹郎さんです。父親は俳優の村上淳さん、母親は歌手のUAさんという2世イケメン俳優で、虹郎はご両親がつけた本名。よく見ると両親の面影がうっすらと残っていますよね。

 虹郎さんは2014年から芸能活動をはじめ、映画『2つ目の窓』では、映画初出演で初主演。この作品で第29回高崎映画祭の最優秀新人男優賞を受賞しています。その後も、映画やスペシャルドラマ、舞台で次々と主演を務め、注目を集めるようになりました。

 また、2014年のドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS系)の野球選手役で脚光を浴びたのは、工藤阿須加さん。彼の父親はかつてはプロ野球の大投手、現在は福岡ソフトバンクホークスで監督を務める工藤公康さんです。

 その爽やかなイケメンぶりで人気を博していますが、彼もお父さん譲りのスポーツマン。かつてテニスでプロを目指していたほどで、バラエティ番組であの錦織圭選手と対戦したことも。大河ドラマ『八重の桜』や『あさが来た』(ともにNHK)、『偽装の夫婦』(日本テレビ系)などの話題作に次々と出演していて、今後の活躍が期待されている一人です。

 そしてアイドルの2世美少年も見逃せません。俳優の京本政樹さんの息子である京本大我さんは、現在ジャニーズJr.内ユニット「SixTONES」の一員。父親譲りのルックスで、2006年ジャニーズ入り。なんとジャニー喜多川さんが直々にスカウトしたそうです。大我さんはミュージカル『エリザベート』をはじめ、舞台を中心にキャリアを重ねており、国民的アイドルとしてブレイクする日もそう遠くないかもしれません。

 これだけの「2世美少年」たちが同時期に活躍しているというのは、まさに奇跡。これから親以上の活躍を見せてくれることを期待しましょう!

関連記事(外部サイト)