熊田曜子「グラビアは大好きなので、現役のつもりです!」ズバリ本音で美女トーク

熊田曜子「グラビアは大好きなので、現役のつもりです!」ズバリ本音で美女トーク

記事画像

 絶品バストと究極クビレで、我々を魅了した熊田曜子さん。今や二児のママとなった彼女が、なんと産後初となるイメージDVD『rebirth』をリリース。人妻フェロモン増し増しの今、あのバストは、ウエストはいっったい、どうなっているのか!? その今に肉迫する!

――あの熊田さんが、二児のママとは、まだ信じられないんですよ。

熊田:2人とも女の子で、上は3歳半、下は8か月になりました。お仕事じゃないときは、いたって普通のママですよ。上の子も下の子も、ミルクを使わないで育てていますから、どこに行っても、ちょっとグズると、ケープをかぶって、すぐに授乳していますし。

――わぉ!

熊田:お店であろうが、どこかのホールだろうが、どこでも。だから、いつも“すぐに胸が出せる服”を着ています。

――というと、キャミソールとか?

熊田:そういうのじゃなくて、普通のワンピースに見えて、脇から胸の下にかけてチャックがついていたり、隠しボタンでパカッと開くようになっているとか、そういう服があるんです。キャミソールとかは、子どもに引っ張られたりしたときに、ポロリみたいなアクシデントが怖いので、子どもが一緒のときは、まず着られないですね。

――なるほど、そりゃそうだ。でも、ケープをかぶっていても分かるでしょうから、ジロジロ見られたりしませんか? なんといっても、熊田曜子ですから。

熊田:あんまり気になりませんけど、ピーターさんのホームパーティに赤ちゃんを連れて行ったとき、ケープをかぶっていたら、いらしていたパパイヤ鈴木さんが面白がって、「おぉ〜、あのケープの中では、今まさに特大のパパイヤが〜」みたいに、実況中継をしていましたね(笑)。

――本当に特大ですよね。

熊田:そのときはだいたい誰でも2カップくらい大きくなるんです。

――ちなみに、現在、カップで言うと?

熊田:2人目の子を産んで5か月のときに、グラビアをやらせていただいたんですけど、そのときが、今までで一番大きかったですね。たぶん、Jとか。

――ジェ、ジェイ! スゴいですね。

熊田:今は、そこまでありませんけどね。さっき、メイク中に“搾乳”しましたし(笑)。

――メイク中に搾る!?

熊田:胸が張ってパンパンになると痛くなっちゃうので、搾って専用のパックに入れて持って帰るんです。

――それは分かるんですけど、メイク中に、どうやって?

熊田:今は、胸に取りつけると自動で搾ってくれるマシンがあるんですよ。それを両胸につけて、ボタンをピッと。そうすると、ハンズフリーでズンズン吸い上げてくれるんです。

――そんな便利なグッズがあるんですか。

熊田:だから、搾りながら、マスカラ塗っていました。ちょっと牛っぽいんですけど(笑)。

――確かに(笑)。

熊田:最近、本当に牛の気持ちが分かるんですよ(笑)。牧場に遊びに行くと、子どもたちが搾るのに行列を作っていたりするじゃないですか。そういうのを見ると、牛さんも大変だろうなって思って。並んでいる子どもたちに“乱暴にしちゃダメ、優しくするんだよ”って言いたくなりますから。

――アハハハ。

熊田:まさか、そんな気持ちになるとは思いませんでしたけど。

――そんな中、なんとイメージDVDが発売されると聞きました。

熊田:私が一番ビックリしていますよ。

――ご主人には報告したんですか?

熊田:正式オファーの前から、“なんかDVDのお仕事が来るかもよ?”みたいには話していて、そのときは、“え? 本当に?”みたいな感じだったんですけど、決定したときには、“いいんじゃない”って言ってくれましたね。

――ご理解があるんですね。

熊田:本当に助けられています。

――そのおかげで、熊田さん史上最大のバストを見られるわけですから、我々も感謝の気持ちでいっぱいです。

熊田:胸は確かに大きいですね。ただ、撮影中も搾りながらでしたから……。

――そんなシーンも収録されている?

熊田:ないないない(笑)。そうじゃなくて、シーンによって、胸の張りや大きさに多少の差があるかもしれないなと、ふと思ったんです。

――それは注意深く見る必要がありますね。でも、全体的なスタイルは、“あの頃”のままですね。

熊田:1人目を産むときは16キロ、2人目は14キロ太っちゃったんですよ。産後、いろいろと手がかかることもあって10キロくらいはすぐに戻るんですけど、そこからの4〜5キロっていうのが、なかなか落ちなくて。少しでも近づけようとはしたつもりです。

――子育てには体力もいるでしょうから、ダイエットも大変そうです。

熊田:10代とか20代前半の頃は、撮影の前日にご飯を我慢すれば、簡単に1〜2キロ減っていましたけど、それに比べると、本当に落ちづらくなっていますしね。

――今回は、どのように?

熊田:無理のない“8時間ダイエット”をしました。11時のブランチで朝昼ごはんを一緒に食べたら、夜ご飯は19時までに終わらせるっていう。その8時間以内だったら、好きなものを何でも食べられるので、ストレスも少なくてオススメですよ。

――では、あの“クビレ”も完全再現されているんですね?

熊田:どうでしょうね。見て判断していただけたらと思っています。ただ、一つだけ、戻らなかったところがあるんですよ……。

――と言いますと?

熊田:おヘソです。妊娠中に最大限にお腹が大きくなったときに、ポコッと飛び出ちゃったんですよ。洋服の上からでも、“あそこがおヘソ”って分かるくらい(笑)。産後、半分くらいは引っ込んでくれたんですけど、完全に元通りにはなりませんでした。だから今、少し出ベソなんです。

――それが、そのまま?

熊田:前は縦ベソだったなぁと思って、引っ張ってみましたけど、やっぱり戻りませんでしたから、“このままいっちゃえ!”って。10代の頃から、いろんな段階の私を見てきてくれたファンの皆さんに、女性としての変化を楽しんでもらおうかなって開き直っています。

――母は強し! 30代でグラビアをやる人は増えていますけど、二児の母で、となると前例がありませんから、いろんな意味で画期的な作品になりましたね。

熊田:“実は、ルパン三世の峰不二子には、子どもが3人いた”みたいなイメージでやってみたんですけどね。今の私がグラビアをやっているということが、一つのメッセージになればいいなと思っています。

――将来、お子さんにも自慢できそうですね。

熊田:ボディコンにピンヒールはいて、赤ちゃんを抱っこしている海外のママとかに、ちょっと憧れるところもあるんですよ。なかなか日本では難しいんですけど、女性として輝いていたいっていう精神だけは忘れないようにしたいなと思っています。

――では、オファー次第で、また、グラビアもやっていただけると?

熊田:それはもちろんです。

――もう、これまでに一通りのバリエーションをこなしてこられたとは思うんですけど、何か、こういうグラビアをやってみたいという希望はありますか?

熊田:本当は、小倉優子ちゃんみたいな、かわいいお人形さんみたいなグラビアに憧れていたんですよ。でも、私はキャラ的にやっぱり網タイツとか、エナメル、レザーみたいな“攻め”のスタイルが求められているなと、20歳を過ぎたくらいのときに思ったので……。

――ゆうこりん、ならぬ“ようこりん”なグラビアをやってみたいと?

熊田:いえいえ、さすがに今からはできませんから、“この子!”と思う女の子を見つけて、私がメイクやスタイリングを考えて、グラビアをプロデュースできたら楽しいなと思いますね。

――もともと研究熱心でしたから、アイデアがいろいろと湧き上がってくるんじゃないですか?

熊田:そうですね、グラビアは大好きなので、もちろん私も現役のつもりですけど、ずっとなんらかの形で関わっていけたらいいなと思っています。まずは、4年ぶりのDVD『rebirth』をよろしくお願いします!

 美貌とスタイルはそのままに、ふんわりと優しいママフェロモンが加わった熊田さん。今後も、テレビでグラビアで、我々を楽しませてくれるに違いない!

●ポラロイドプレゼント●
熊田曜子さんのポラロイドをご応募いただいた方の中から抽選で1名さまにプレゼント!下記ページから必要事項をご記入の上お申し込みください(※会員登録が必須となります)。
応募する

熊田曜子 くまだ・ようこ
1982年5月13日、岐阜県生まれ。T164・B92W56H84。2001年にデビューし、人気グラビアアイドルとして確固たる地位を築く。12年に結婚、第一子を出産。15年には第二子を出産した。『ロンドンハーツ』(テレ朝)など、テレビ番組でも活躍。現在、イメージDVD『rebirth』が発売中。

関連記事(外部サイト)