栗山千明「受けつけられない」ロッチ中岡に嫌悪感!?

栗山千明「受けつけられない」ロッチ中岡に嫌悪感!?

記事画像

 9月11日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に、女優の栗山千明(31)が出演。ロッチの中岡創一(38)の正直な印象を語り、雨上がり決死隊の宮迫博之(46)からツッコミを受ける場面が見られた。

 この日のテーマは「私嫌われているかも…実名告白」というもの。栗山は以前に中岡と共演したときに好みのタイプを聞かれ、「清潔感のある人」と、中岡のキャラとは真逆の答えをしてしまった。また、同じくロッチのコカドケンタロウ(38)から、どちらがタイプか聞かれたときも「コカドさん!」と即答しており、栗山はそのことで中岡から嫌われているのではないかと思っていると明かした。

 いっぽうの中岡は「(当時の)栗山さんの目つきが本気だった。本当に(自分が)苦手なんだろうなっていうのは、気づきましたね」とコメント。しかし栗山が匂いフェチであることから、独特の体臭を持つ自分とは「友達になれるんちゃうかな」と話し、栗山を嫌っているわけではないと語っていた。

 しかし、そんな中岡の発言を聞いた結果、栗山は態度を一変し「やっぱ受けつけられない」と、中岡に対し嫌悪感を示すと「見た目だけじゃなくて、コメントも含めて……」と、人間性まで否定。宮迫から「(嫌な理由が)見た目だけじゃなかったら、あいつ(中岡)どうしようもない」と、ツッコミを受けていた。

「長く活動しているわりには栗山の熱愛報道は少なく、過去にヴィジュアル系バンドのメンバーや、俳優の玉山鉄二(36)と噂になったぐらいですね。どちらも長く続かず、見た目も含めて栗山の理想が高すぎるのが原因といわれています。とはいえ彼女も、もう31歳。そろそろ本気の恋の噂が出てくるのではないかと、記者の間では話題になっていますよ」(芸能誌記者)――とはいえ、中岡がお相手というのは、99%、なさそうだ。

関連記事(外部サイト)