百恵、明菜、太田裕美…「昭和の美人歌姫」の現在とは

百恵、明菜、太田裕美…「昭和の美人歌姫」の現在とは

記事画像

 歌は世につれ、世は歌につれ。激動の「昭和」は常に、時代と添い寝した歌姫たちの存在があった。あの名曲を歌っていた美女は今、どうしているのか? 伝説の歌姫から、忘れられないお色気歌手、実力派アイドルまで、その近況を追跡しよう!

 9月7日に、『ザ・ピーナッツトリビュート・ソングス』なるCDがキングレコードより発売された。これは、新旧女性歌手が多数参加し、『恋のバカンス』『恋のフーガ』など、ザ・ピーナッツの名曲をカバーした企画盤だ。4年前に姉の伊藤エミが他界し、今年の5月に妹のユミも死去。稀代の双子デュオは幻の存在になっても、その楽曲は永遠に歌い継がれるのである。ザ・ピーナッツはこの世にいないが、彼女たちより後にデビューした歌姫たちの多くはまだまだ健在だ。

 いしだあゆみ(68)が『ブルー・ライト・ヨコハマ』をヒットさせたのは、東大安田講堂事件があった1969年(昭和44年)のこと。「この曲は彼女の26枚目のシングル。デビュー5年目にして、ようやくつかんだ大ヒット曲でした」(老舗レコード会社関係者) 人気歌手となった彼女はその後、女優としても成功を収めた。今もペースは落としながらも女優活動を継続中だ。

 いしだあゆみとドラマ『金曜日の妻たちへ』で共演した小川知子(67)は、もともと東映の女優だった。「彼女は、当時の東映の路線に嫌気がさして歌手に転向。最初に出した『ゆうべの秘密』(68年)が大ヒットします」(前同) 84年には、谷村新司とのデュエット曲『忘れていいの』が話題を呼ぶ。その後、彼女は一時、露出を減らすが、2000年代には歌手に復帰。かつての人気歌手が一堂に会する合同コンサートなどに出演している。

 黛ジュン(68)の『天使の誘惑』は「3億円事件」が発生した68年の日本レコード大賞受賞曲。「スカートから伸びたふとももとパンチのある歌声に夢中になりました」(前同) 栄光を手にした彼女だが、以後の歌手人生は決して順風満帆ではなかった。「結婚・離婚を繰り返したり、作詞家との婚約破棄騒動があったり、病気で声が十分に出なくなったりと、紆余曲折ありました。低迷期には成人向け映画に主演したことも」(元芸能記者) しかし、現在は喉の調子も戻り、ステージに復帰。

 69年に『夜明けのスキャット』をヒットさせたのが由紀さおり(67)だ。「最近は米国のジャズオーケストラとの共演アルバムが国際的に高い評価を受け、若いファンも増加。この夏は大規模音楽フェスにサプライズゲストとして招かれました」(芸能プロ幹部)

 小柳ルミ子(64)は71年に『わたしの城下町』でデビュー。翌年の『瀬戸の花嫁』で不動の人気を得る。昭和40年代から関西フォーク界でマネージャー、司会者、イベント運営者として活躍し、当時の音楽界をよく知る北川啓二氏(現・出版プロデューサー)は、彼女の印象をこう語る。「いつもニコニコと笑顔がまぶ眩しかった。彼女が部屋に入ってきた瞬間、華やかなオーラを感じるんです」 そのオーラに加え、歌唱力とナイスバディを今もキープし、旺盛なステージ活動を継続中だ。「最近はガチなサッカーファンとしても注目されています。ブログでサッカーを熱く語り、スタジアムに応援に行く。W杯前回大会は、全試合をテレビ観戦したとか」(スポーツ紙記者)

 あさま山荘事件が起きた72年、ちあきなおみ(68)は『喝采』で、レコード大賞を受賞した。「歌唱力は、美空ひばりと双璧でしょう」(音楽ライター) ところが92年、最愛の夫だった俳優の郷^治(ごうえいじ)さん(宍戸錠の実弟)の死を境に、彼女は一切の歌手活動を休止してしまう。「復帰を望む声は強く、ベスト盤が発売されたり、回顧番組が放送されたりしています。ただ、どこかで静かに暮らす彼女が復帰する可能性は低いでしょう」(前出のスポーツ紙記者)

 ジュディ・オング(66)の『魅せられて』は、79年の代表曲。ゴージャスな衣装が今でも語り草だ。前出の北川氏いわく、「美人で知的なだけではなく、彼女は人柄が素晴らしい。誰にでも優しく接するので、スタッフのみんなに愛されていました」 そんな完璧美女は現在も売れっ子タレントで、陶芸家としての顔もあり、文化人的な活動でも忙しい。

 ニューミュージックのジャンルからも、多くの名曲と歌姫が生まれた。前出の北川氏が、高校生だった2人に惚れ込み、世に送り出したのがシモンズだ。田中ユミ(63)、玉井タエ(63)の2人は、1971年(昭和46年)にデビュー曲『恋人もいないのに』で一躍、人気者になる。「当時、若い女性のフォークデュオは珍しく、アイドル的な人気を得たんです。いつも人が殺到するので、警備員がついて、本人たちはフラフープの輪の中に入って歩かされていました。それは、熱狂的ファンが近づき過ぎないための苦肉の策だったんですね」 玉井の脱退後、田中は新メンバーを迎え、シモンズとして活動していた時期もあったが、現在はソロに。「今の彼女は40代にしか見えない美魔女です。ソロでライブ活動を展開。ラジオDJもこなしてます」(レコード会社制作スタッフ)

 ユーミンこと松任谷由実(62)は、72年デビュー(当時は荒井由実)。広島カープが初優勝した75年に、バンバンに提供した『いちご白書をもう一度』、自身の『あの日にかえりたい』を連続ヒットさせた。同年にデビューしたのが、中島みゆき(64)だ。今も歌い継がれる『時代』は同年発売の2作目のシングルで、2年後の『わかれうた』のヒットで確固たる地位に。今年、松任谷は年末から全国ツアーを予定。中島も断続的にツアーを続ける。

『木綿のハンカチーフ』(75年)を歌った太田裕美(61)はフォーク系ながら、アイドル性が高かった。「この9月に40年の歴史を終える漫画『こち亀』の初期にはアイドルのような扱いで登場しますし、『キン肉マン』の主人公は彼女のファンという設定です」(昭和文化研究家のミゾロギ・ダイスケ氏) ルックスは今も変わらず。コンサートを各地で開催し、ザ・ピーナッツのトリビュート盤にも参加した。

『どうぞこのまま』の丸山圭子(62)、『池上線』の西島三重子(66)、2人の美人シンガーソングライターが注目を浴びたのはロッキード事件が騒がれた76年だ。「ともに、今も頻繁にライブを開催。丸山は、洗足学園音楽大学客員教授という肩書もあります」(前出の音楽ライター)

 78年、八神純子(58)は『みずいろの雨』を、渡辺真知子(57)は『迷い道』『かもめが翔んだ日』をヒットさせた。「ぽっちゃり体型だった八神は今はスレンダー美人で、痩せていた渡辺は年齢相応の貫禄を身につけています。どちらも、歌唱力に磨きをかけて活動中です」(前同)

 久保田早紀(58)が作詞作曲した『異邦人』は、その後も多くの歌手にカバーされている。脚本家で80年代文化に精通する小松公典氏は、その美貌を絶賛する。「ニューミュージック界でも別格で、アイドルや女優としても通用する美人。テレビに出ていた時期が短かっただけに、逆に妄想の対象として価値が増しました」 84年にミュージシャンと結婚後は、商業的な音楽活動を停止。「クリスチャンの彼女は以後はずっと、『久米小百合』の名で音楽伝道活動を続け、教会音楽のコンサートも開いています。公式サイトでも、最近の姿を見ることができます」(ミゾロギ氏)

 竹内まりや(61)の『不思議なピーチパイ』は、80年のヒット曲。「山下達郎と結婚後の彼女は、新譜の発売はあるものの、メディアに露出することはなく、ライブ活動もナシ。MV(ミュージックビデオ)の中だけで姿を確認することができます」(ラジオ局スタッフ)

 中村あゆみの『翼の折れたエンジェル』(85年)、渡辺美里『マイ・レヴォリューション』(86年)は、バブル前夜とも言える時代の青春ソングだ。「当時、人気絶頂のおニャン子より、中村あゆみや渡辺美里を聴いていると言ったほうが女の子にモテる気がした。そのニーズも売り上げに貢献したと思います(笑)」(前出の小松氏) 今年で50歳になった両者は現役バリバリで活動中だ。

 現役組が多い中で、活動していない歌姫もいる。赤い鳥時代に『翼をください』、ハイ・ファイ・セット時代に『卒業写真』『フィーリング』をヒットさせた山本潤子(66)は、14年以降、無期限休養中だ。

『六本木心中』のアン・ルイス(60)は――。「パニック障害で苦しんだこともあってか、残念ですが13年に引退を発表しました」(前出の音楽ライター)

 昭和の時代には、お色気歌謡の系譜がある。その元祖と言えるのが辺見マリ(65)だ。1970年(昭和45年)、『経験』が注目を集めた。「喘いでいるかのような歌い方に、指のアクションがセクシーでしたね」(前出のプロモーター) 西郷輝彦と結婚して引退するも、離婚後に復帰。一糸まとわぬ姿を発表するなどした。「近年、テレビのバラエティ番組で、ある時期、“拝み屋”なる人物に洗脳され、多額の金銭を騙し取られたと、過去を告白しました。写真集のギャラも、そこにつぎ込まれたとか」(前出のスポーツ紙記者)

『恋の奴隷』(69年)の奥村チヨ(69)は、小悪魔的な容姿と官能的な歌唱でオトコたちを虜に。「夫はヒット曲多数の大物作曲家、浜圭介氏なので、暮らしはリッチでしょう。時々、テレビにも出演し、最近はアンチエイジングな美容法が話題になっています」(芸能プロ関係者) こんなエピソードも。「辺見も奥村も当時、紅白に出場しましたが、それぞれの大ヒットは放送NGで、他の曲を歌いました。ある意味、お色気でNHKを“カタくさせた”のです」(ミゾロギ氏)

 今も変わらぬプロポーションで歌手活動を続ける山本リンダ(65)が72年にヒットさせた『どうにもとまらない』、翌年の『狙いうち』は、セクシー歌謡の金字塔。「スタイル抜群の彼女が腰を振りながら大胆に歌う。こちらも、どうにもとまらなかった(笑)」(芸能記者) 『狙いうち』は野球の応援歌として定番化。今も高校野球の試合では、頻繁に聴くことができる。

『絹の靴下』(73年)の夏木マリ(64)も忘れられない。細身で大きなバスト。お世話になった男、多数……!? 「その後は、女優活動と平行してアーティスティックな音楽活動を展開。今年は華原朋美、土屋アンナらと女性コーラスグループを結成など精力的です」(前出の音楽ライター)

 大人の実力派歌手に脱皮したアイドルたちもいる。現在はキルト作家として活動中の山口百恵(57)は、その代表格。特に『秋桜』(77年)、『いい日旅立ち』(78年)は、心に残る名曲として愛され続けている。

 岩崎宏美(57)はアイドルとしてデビュー7年目の82年に『聖母たちのララバイ』で、本格ヴォーカリストとして評価を高めた。「現在もさまざまな形で音楽活動を展開中で、ザ・ピーナッツのトリビュートアルバムにも参加。私生活では、7年前に10歳年下の舞台俳優と再婚しました」(前出のスポーツ紙記者)

 高田みづえ(56)は、アイドルとしての低迷期を経て80年に『私はピアノ』で再ブレイクした。その5年後に人気力士の若島津(現・二所ノ関親方)と結婚し、引退。「今は相撲部屋のおかみさんとして、忙しい毎日を過ごしています。ただ、最近は時々、テレビに出演するようになりました」(前同)

 また、それまで「ブリっ子」と揶揄されていた松田聖子(54)は82年に『赤いスイートピー』で評価を一変させ、女性ファンを多くつかんだ。「当時からのファンが今も多数おり、コンサート、ディナーショーは盛況。昨年末は紅白の大トリを務めるなど、今後もその地位は盤石でしょう」(同)

 82年デビューの中森明菜(51)は2曲目の『少女A』でトップアイドルになった。前出の小松氏いわく、「当時の10代には、横浜銀蝿、『積木くずし』『なめんなよ』とツッパリ文化の土壌があった。そこに彼女は見事にハマりました」 そこから、『ミ・アモーレ』(85年)、『DESIRE-情熱-』(86年)とレコード大賞を連続受賞するまでになる。その後は波乱の人生を送った彼女だが、最近、明るいニュースがあった。「年末のディナーショー開催を正式発表しました。ファンの前に姿を見せるのは、7年ぶりのことです」(前出の芸能プロ関係者) 来年でデビュー35周年。本格復帰に期待しよう!

関連記事(外部サイト)