的場浩司「血がダーッ!」壮絶過ぎる夫婦喧嘩を告白!?

的場浩司「血がダーッ!」壮絶過ぎる夫婦喧嘩を告白!?

記事画像

 9月9日放送の『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)に、俳優の的場浩司(47)が出演。家庭での壮絶なエピソードを明かし、タレントの上沼恵美子(61)、お笑いタレントの太平サブロー(60)らを、驚かせる場面が見られた。

 この日のテーマは「妻には言えない夫の嘆きSP」というもの。的場はサブローから「(奥さんと)ハグとかはないんですか?」と夫婦の関係について聞かれたのだが、なぜか「カミさんとですか? 僕はカミさん大好きです!」と、自分の気持ちについて回答。その後、あらためてハグをするのか聞かれたところ、「ありますけど……ウチのカミさん、どっちかというと僕のことを攻撃するタイプなんで」と答えた。

 的場は妻が料理をしているときにちょっかいを出すのが好きなのだが、子どもが生まれてからはそれをすると、「だいたい持ってるもので殴られます!」と告白。さらに「フライパンでも殴られたことあります」と、妻がキツイ仕返しをしてくるので、ハグをしたくてもできないのだと説明した。また、的場は妻がドライヤーをかけているときにちょっかいを出したところ、髪をとかしていたブラシで殴られ、「鏡を見にいったら血がダーッ!」という状態だったという。

 最近ではちょっかいを出した瞬間にその場から逃げるのだが、妻はそのこと忘れずしばらくたってから仕返しをしてくるようで、「お風呂にお湯を僕がためて、お湯を止めるじゃないですか。さぁお風呂に入ろうかと思ったときに後ろから湯船に突き落とされる!」こともあると告白。壮絶なように聞こえるが、この話をしている的場は嬉しそうで、上沼から「ノロケてんねんな」と、ツッコまれていた。

「的場はコワモテの外見に似合わず、愛妻家で子ぼんのう、しかもスイーツ好きとあって、主婦層にかなり人気があります。これといった大役は今までありませんが、ドラマや映画にはコンスタントに出演。バラエティ番組でも家族ネタがあるので、よく呼ばれています。地味ながらも、芸能界では勝ち組といえるんじゃないでしょうか」(芸能誌記者)――ヤンキー時代が懐かしい!

関連記事(外部サイト)