鈴木奈々「ベッド拒否」離婚危機を、涙ながらに語る

鈴木奈々「ベッド拒否」離婚危機を、涙ながらに語る

記事画像

 9月13日放送の『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)に、タレントの鈴木奈々(28)が出演。結婚後の夫の豹変ぶりと夫婦関係の悪化を明かし、ナインティナインの岡村隆史(46)らを驚かせる場面が見られた。

 この日のテーマは「あなたならどうする? 結婚の2択アンサー」。この中で鈴木は結婚までの交際期間が長かったため、新婚にもかかわらず夫と倦怠期となり、一緒に寝ることを拒まれていたことを明かした。鈴木はボディクリームを塗ったり香水をつけるなど、距離を縮めるための努力をしたが効果はなく、週刊誌に「家庭内別居」と書かれたことがきっかけで夫婦関係はさらに悪化。スキンシップや会話も減り、「すごくつらかった。同じ家に住んでいるのに、すごく遠く感じました」と、当時の胸中を明かしていた。

 結局、決め手になったのは「夫の実家を大切にすること」。頻繁に実家に遊びに行くようにし、誕生日のお祝いなどにも気を配るようにしたところ、夫が「母さんの笑顔、久々に見たよ。今日はありがとう」と言ってくれ、鈴木もそんな夫に再び愛情を感じるようになったのだという。その後、鈴木は2年ぶりに交わした夫とのキスについて「すごかった。すごかった! 本当にすごかった!」と、興奮気味にコメント。最後に夫から鈴木に宛てた手紙が読まれると、「そろそろ子どもがほしい」という言葉に思わず感激の涙を流し、岡村から「スイッチが早すぎんねん。手紙、読み始めたとこ!」と、ツッコまれていた。

「夫とのマンネリ具合をたびたびテレビ番組で語っている鈴木ですが、今はうまくいっていると思いきや、つい先日もインターネット放送で“スキンシップが少ない”と愚痴をこぼしていました。“子どもが早く欲しい”ともよく言っているんですが、こう不安定だと、それもまだ先かもしれませんね」(芸能誌記者)――鈴木の思いは夫に届くか!?

関連記事(外部サイト)