高畑事件の余波!? トータルテンボス大村が、消臭剤断られる

高畑事件の余波!? トータルテンボス大村が、消臭剤断られる

記事画像

 9月9日に不起訴処分で釈放された高畑裕太(22)。出演ドラマや映画のキャスト差し替えや撮影中断など、この事件の余波が各所で広がっているが、トータルテンボスの大村朋宏(41)も、その影響と思われるエピソードを9月14日につぶやいた。

 大村によると、ホテルに泊まっているときに消臭剤が必要になり、フロントに部屋まで持ってきてほしいと電話したという。しかし、高畑が「部屋に歯ブラシを持ってきて」と言ったことで事件が起こったと報道されていたためか「ちょっといろいろなことがありましたものですから、今はお部屋までお届けすることができなくなりまして」と言われてしまったそうだ。大村は少なからず疑われているように感じてしまったようで、この対応に「いや俺何もしねーし!」「何よりお前男だろ!笑」とツイッターでツッコミを入れていた。

 実際に事件が起きたホテルでは、夜勤の1人勤務から男女2人シフトとなった。また他のホテルでもさまざまな対策を講じているホテルが増えているようだ。しかし、見事に余波を受けてしまったこのエピソードに世間からは「しのびねーな」と、大村のツッコミ風のコメントが多数上がっている。

「大村は、まったく関係のない事件に巻き込まれるケースが多いんです。元キングオブコメディの高橋健一(45)が逮捕されたときも、一部の人から高橋と大村を勘違いしているようなツイートが上がっており、本人が“違いますよ! 似てないでしょ”と弁解していました。それに、昨年スキマスイッチがライブの発言で炎上した際にも、相方の藤田憲右(40)とスキマスイッチの常田真太郎(38)の外見が似ていたこともあったためか、なぜか大村のアカウントに“最低ですね”という苦情が寄せられていたこともありました」(お笑いライター)

 災難続きではあるが、このエピソードで多くの人が笑ったことだろう。悲惨な事件の余波をうまく笑いに変えた芸人らしいテクに、世間もほっこりしているようだ。

関連記事(外部サイト)