福原遥「まいんちゃんを黒歴史にしない」姿勢を、ファンが大絶賛!

福原遥「まいんちゃんを黒歴史にしない」姿勢を、ファンが大絶賛!

記事画像

 かつて『クッキンアイドル アイ! マイ! まいん!』(NHK Eテレ)で“まいんちゃん”を演じ、多くのファンを獲得した女優の福原遥(18)。彼女が24日に放送されるスペシャルドラマ『刑事 犬養隼人』(テレビ朝日系)で、アイドル役を演じる。この役柄について「自分とかぶる」とコメントした福原は、ファンから「まいんちゃんを黒歴史にしないのが素晴らしい!」と大絶賛されている。

 同ドラマは沢村一樹(49)演じる寡黙な刑事が、一筋縄ではいかない登場人物たちの裏側を暴きながら事件の真相へと迫っていくという物語。福原が演じるのは犯罪に巻き込まれるトップアイドル。普通の女の子としての生き方に憧れながら、アイドルとしての人生に悩みを抱えるという役どころだ。福原は役柄について「私と同じ芸能界にいて、自信がなくていつも“自分なんて”と思っている女の子」「自分とかぶるところもあり、とても役に入りやすい不思議な役でした」と語った。

「福原は女優としての活動が軌道に乗ってからも、アイドル役を拒むことなく、“まいんちゃん”の時代をすごく大切にしているのが伝わってきます。以前インタビューで、クッキングアイドル役を卒業した後、まいんちゃんとして扱われることについて聞かれた際、“自分からまいんちゃんの存在を消すのは嫌”“みんなにもまいんちゃんのことをずっと覚えていてほしい”と語っていました。子ども向け番組ではありましたが、大人のおともだちと同様に彼女自身もキャラを大切に思っているようです」(アイドル誌ライター)

 今回、福原がアイドル役で出演するドラマは、ファンからも注目を集めそうだ。福原の女優としての活躍を、昔と変わらず温かい目で見守っていきたい。

関連記事(外部サイト)