加藤雅也「ハリウッドで学んだのは、“サバイブすることが大事”」生き残る人間力

加藤雅也「ハリウッドで学んだのは、“サバイブすることが大事”」生き残る人間力

記事画像

 俳優って仕事は、自力で何かを切り開いていくって世界ではないんですよね。弁護士や医者のように試験にパスしたら、なれるわけでもないし、自分で“俺は俳優だ”って思ってもそれは俳優ではない。“あなたは俳優です”と他人に評価されて初めて、俳優になれるんです。

 だから、他力本願な部分が大きい仕事なんです。ただ、その他人の評価と、自分の能力が一致するかといえば、そんなこともないと思うんですよね。世の中の評価以上の実力があればいいんですが、それ以下の時は、不安でしょう。虚像の自分がいて、いつか、そのメッキが剥がれてしまうかもしれないわけですから。

 今回、映画『真田十勇士』で僕が演じている真田幸村も、自分の実像と、他人からの評価がかけ離れているという役柄。幸村は、天下の名将として名が轟いているけど、実は腰抜け武将だったという新たな解釈で描かれた作品です。

 僕自身にも幸村と重なる部分がありますね。モデルから俳優に転向したんですが、俳優デビューでいきなり主演だったんです。お客さんや、マスコミからしたら、“主演なんだから演技ができて当たり前”って目で見てくるわけですよ。できていない自分と世間のギャップが恐かった。

 映画『落陽』で、ハリウッド女優のダイアン・レインと共演したときも、今思えば、不安が大きかったですね。英語なんてしゃべれなかった。日常会話程度はできましたが、自分が思う英語がしゃべれるっていうのは、自分の信条や考えを、相手に伝えられることだと思っていたので、そこまでの英語力はなかった。

 でも、マスコミからは国際派俳優なんて言われて、記者会見になったら、プロデューサーが“マサの英語は完璧だ”なんて言うんですよ。そんなわけないだろうと。だから、必死でそのギャップを埋めようと努力するんですよ。できないのに、“いや、大丈夫っすよ”なんて言って、なんとか撮影の日までには、できるようにする。

 地位が人を作るって言葉がありますけど、そんな感じですよね。100%の準備ができたっていうタイミングで仕事がくればいいんですが、そうじゃないことのほうが多い。なので、7、8割自分のなかで、オッケーと思ったら、踏み込まないといけないと思うんです。

 31歳で、海外の仕事をしたいと、ロサンゼルスに移住したときが、まさにそう。正直、7割の準備ができていたかはわかりませんが、向こうのエージェントから“こっちに来ない?”って言われて、こんなチャンスはないな、と。後でギャップは埋めればいいんだと渡米を決意した。

 いざ、アメリカに行くと、声をかけてくれたエージェントの会社が崩壊しちゃったんです。ヒマラヤ登っている最中に、ガイドが死んじゃったみたいな状況ですよ。なんとかして、そのギャップを埋めなくてはならないって思いはずっと頭の中にあって、英語を勉強し直して、演技力をつけるためにはどうすればいいのかって考えながら、オーディションを受ける毎日でしたね。

 そういったアメリカでの日々が役者としてのステップアップにもなったと思うんですが、何よりハリウッドで学んだのは、“サバイブすることが大事だ”ということ。つまり生き残らなくてはいけない。アカデミー賞を受賞した俳優でも、仕事のない人はいっぱいいる。でも、リチャード・ギアやトム・クルーズはアカデミー賞を獲ってないのに、いまだに一線で活躍している。過去に何をやったかは関係ない。次に何をやるかってことのほうが重要なんです。

 そのためにも、“この人の演技をまた見たいね”って、どうやったら思ってもらえるかを考え続けていかなければならない。自分で演技を続けたいと思っても、需要がなくなれば、サバイブすることはできませんから。可能な限り、演技の世界で、サバイブしていくこと。それが、僕の何よりの目標なんです。

撮影/弦巻 勝

加藤雅也 かとう・まさや
1963年4月27日、奈良県生まれ。大学在学中から、モデルとして活躍し、86年『メンズノンノ』では創刊号から活躍。88年、映画『マリリンに逢いたい』で俳優デビュー。同作で第12回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。その後、数々の映画やドラマ、舞台に出演し、94年に渡米し、ハリウッドデビュー。現在も、様々な作品に出演し、第一線で活躍中。

関連記事(外部サイト)