小栗、松潤、亀梨…イケメンだらけな「伝説の学園ドラマ」

小栗、松潤、亀梨…イケメンだらけな「伝説の学園ドラマ」

記事画像

 ここ数年は、ドラマの視聴率が軒並み厳しくなっている。学園ドラマも例外ではない。しかし、80年代に田原俊彦、野村義男、近藤真彦による「たのきんトリオ」が誕生したのをきっかけに、『3年B組金八先生』(TBS系)が、アイドルの登竜門とされ、注目されていた時期がある。その後も継続的にイケメンアイドル、次世代俳優を多く起用した学園ドラマが制作されており、近年では『ごくせん』(日本テレビ系)が、その筆頭だろう。仲間由紀恵がジャージ姿にメガネの熱血教師、ヤンクミを演じたこのドラマは、視聴率も高かった。

『ごくせん』は、2002年にスタートした第1シリーズから05年の第2シリーズ、08年の第3シリーズに加え、スペシャルドラマや映画までが作られ、多くの若手俳優たちがこのドラマから巣立っていった。その生徒役たちは、今振り返ると超豪華な顔ぶれだ。

 02年の第1シリーズには、嵐の松本潤、小栗旬、成宮寛貴、上地雄輔、松山ケンイチなどが出演している。松本&小栗は、このおよそ3年後、『花より男子』(TBS系)でも共演。このドラマは大ブレイクし、一躍“花男”ブームを巻き起こした。そして松本の知名度が上がることで、嵐というグループ自体も成長を遂げた。

 そして05年の『ごくせん』第2シリーズでは、KAT-TUN亀梨和也と後に同グループを脱退した赤西仁が登場。KAT-TUNの2トップである“赤亀”コンビは、この共演を機に、さらに上昇気流に乗った。亀梨が歌った『絆』はドラマの挿入歌として起用され、大きな話題に。他にも、現在芸能界の一線で活躍している速水もこみち、小池徹平、小出恵介、水嶋ヒロなどがこのシリーズからブレイクしている。

 08年の『ごくせん』第3シリーズからは、Hey!Say!JUMP高木雄也、三浦春馬、ジャニーズWEST中間淳太と桐山照史、三浦翔平、ユージなどが出演していた。不良っぽい雰囲気の高木は、女子のハートを鷲づかみにし、またたくまに人気タレントとなった。

 さらに『ごくせん 卒業スペシャル’09』には、Kis-My-Ft2玉森裕太や賀来賢人などが出演。およそ7年にも及ぶシリーズの集大成として公開された、09年の映画『ごくせんTHE MOVIE』には、第3シリーズのメンバーを中心に、卒業生から亀梨、小栗、成宮、速水、小池などが友情出演した。

 現在のドラマ、映画界を支えている実力派俳優たちは、皆一度はヤンクミ先生の授業を受け、一人前になった……といっても過言ではないかもしれない。

関連記事(外部サイト)