筧美和子「結婚して、お母さんになりたいんです」ズバリ本音で美女トーク

筧美和子「結婚して、お母さんになりたいんです」ズバリ本音で美女トーク

記事画像

 今回は、モデルとして人気を集めるだけでなく、ドラマやCMなど、活躍の幅を広げて、男性の視線を釘づけにする筧美和子さんの登場だ。彼女が出演している公開中の映画『闇金ウシジマくん Part3』の撮影秘話から恋愛観まで、いろいろ聞いちゃいました!

――このたび出演された映画『闇金ウシジマくん Part3』が大好評ですね。

筧:ありがとうございます。私、原作コミックスの大ファンだったので、本当に出たかった映画なんですよ。

――『ウシジマくん』って、闇金のカリスマ社長・ウシジマと債務者たちの壮絶な生き様を描いた、ものすごくアウトローな漫画ですよね。筧さんのイメージからすると、ちょっと意外です。

筧:私も最初読んだときは、ちょっと正視できない場面もあったんですけど、読み進めていくうちにハマっちゃって(笑)。

――どんなところで病みつきになったんですか?

筧:債務者たちは、とにかく“ダメ人間”なんですけど、どこか憎めないというか、なぜか共感できるところもあって……。ちょっと道を踏み外したら、自分もそっちに行っちゃいそうな気がしてくるんです。そんな人間臭さが妙にリアルで、のめり込んじゃいました。

――そんなに思い入れのある作品ってことは、今回の花蓮役も、自ら志願したんですか?

筧:そうではないんです。実はオーディションを受けた段階では、いくつかの役があって、どの役になるか分からなかったんです。最終的に花蓮役に選ばれたときは、自分に合っている役がいただけて、うれしかったですね。

――清純派の筧さんが夜の蝶の役に合っているとは?

筧:役の設定の年齢と自分の年が近いっていうのもあるのかもしれませんが、共感できるんですよ。したたかな女なんですけど、どこか弱さというか、人間っぽさが感じられるんです。たとえば、乃木坂46の白石麻衣ちゃんが演じている仲のいい友達・りながタレントとして成功している姿を見て、コンプレックスを感じたり、焦りが芽生えたり……。

――その焦りから、人を騙すということに突っ走っちゃうわけですね。

筧:そうそう。そういう気持ちがよぎることって、この世代の子はあると思うんです。みんなどこかでブレーキはかけるけど、外れたらどこに行っちゃうか分からない危うさがある。だから、実は花蓮も普通の女の子なんだと思いますよ。

――確かに。夜の蝶って派手なイメージがあるんですけど、花蓮って、どこか普通っぽい感じが出てました。そういえば、下着になるシーンもありましたが、つけている下着も地味な感じでしたね(笑)。

筧:アハハハ。実はアレ、山口雅俊監督が選んだんです。“コレが一番、花蓮っぽい”って。

――なるほど。キャラクターに対する“リアル”を追求しているわけですね。ところで、下着になるのには抵抗ありませんでした?

筧:そういうシーンがあることは覚悟していましたから平気でした。グラビアで水着にもなってますし(笑)。でも、ちょっと恥ずかしい部分もありましたね。

――どんなところが?

筧:これも山口監督のこだわりなんですが、ストッキングをはいてるんです。ワンピースを脱いだら、ストッキングごしに下着が透けてるんですよ。当たり前と言えばそうなんですが、グラビア撮影では、そういうのって、ないじゃないですか。はいてるほうが逆に恥ずかしかったです(笑)。山口監督は、そういうこだわりというか、細かい作り込みが徹底していましたね。でも、そういうリアルを追求するところが、作品を作るってことなんだなあと、あらためて感じました。

――筧さんご自身では、どの辺にこだわりましたか?

筧:役になりきるために、実際の夜のお店を見学したり、働いている人に話を聞いたりして勉強しました。かなり役に立ちましたよ。初対面のときと常連さんになったときでは、お客さんとの距離の取り方や、同伴出勤前とアフターとでは間の取り方とかが微妙に違うんです。ぜひ、そんなところに注目していただきたいですね。

――その常連客・加茂役を演じた『オリエンタルラジオ』藤森慎吾さんの印象はいかがでしたか?

筧:ホントに器用な方でしたね。休憩中とかは、ずーっとしゃべっているんですけど、本番が始まると、すぐに切り替わるんです。あと、現場では急にセリフをガラッと変えられることもよくあったんですけど、それにも全部、瞬時に対応されていて……すごいなと。私なんか、すごく考え込んじゃって、それが悪循環になって、うまく対応できなくて(苦笑)。

――まさに加茂になりきっていたんですね〜。ちなみに、加茂みたいに、表の顔はエリート会社員なのに、陰では浮気したり夜のお店にハマったりして、闇金で借金をするような男性って、どう思います?

筧:ウラでコソコソしたり、お金にだらしなかったりする人はちょっと……ね。もし自分に貢がれたとしても、あんなふうにエスカレートしていったら、ちょっと怖いですよね。

――確かにそうですね。やっぱり誠実な人が好み?

筧:そうですね。嘘をつかない人が好きです。以前からインタビューとかで好みのタイプを聞かれると、そう答えてきました。でも最近は、ちょっと変わってきたかも……。

――変わったというと?

筧:もちろん、変な隠し事とかはしないでほしいですけど、相手を傷つけないための嘘って、あるじゃないですか。そういうのだったら許せるかなって。自分で言うのもナンですが、ちょっと大人になりました(笑)。

――では、今はどんな男性がタイプですか?

筧:なんでも受け入れてくれる大らかな人!

――具体的には、どんな感じですかね?

筧:実は私、普段はすっごくツッコミどころが満載なんです(笑)。たとえば、料理のときに砂糖とバナナ味のプロテインを間違えて入れちゃったり……とか(笑)。

――ハハハハハ(苦笑)。かわいい話ですね。

筧:そう言っていただけると助かりますけど、ここでは言えないような、かわいくないレベルの話とかも、けっこうあって、そういうのを引かないで受け止めてくれるたり、ツッコミを入れてくれる人がいいです。

――どんなレベルか気になりますが、確かに寛容な人がよさそうですね(笑)。

筧:それと、ずっと一緒にいたら、女っぽくない部分も見えてくると思うんですね。つきあい始めの頃って、誰でもちょっといい子ぶったりするじゃないですか。でも、そのうち本性が現れる……というか素の状態になっちゃう。そうなっても、ちゃんと受け止めてくれる……というか、最初から飾らない自然体の私を受け入れてくれる人がいいですね。

――筧さんを見て、女っぽくないところって想像できませんけど……。

筧:たぶん、デートの時って、彼だったらこういう服が好きかな、とか考えてそれを着て行くと思うんです。でもTシャツとジーパンで行きたい……というというのがホンネというか、それが普段の私だったりするんですよ。

――なるほど。では、そのような理想の男性が現れたら、結婚したいって願望とか、ありますか?

筧:はい。なんだか、ここ1〜2年で結婚願望が強くなってきたんですよ。結婚して、お母さんになって、それでまた、今の仕事に復帰するのが理想ですね。やっぱり普通の母親としての幸せを知りたいし、その一方で、今のお仕事も好きですから。

――それはまた、ずいぶん先のことまで考えていらっしゃいますね〜。

筧:母親役を演じることにすごく憧れがあるんですよ。でも実際問題、今の年齢じゃちょっと難しいじゃないですか。だから、母親にふさわしい年齢になった時期に、本当にお母さんになっていたほうが、すごくリアルな演技ができると思うんです。実際に子どもも欲しいですし、そういう経験を生かす仕事に臨めたら最高ですよね。

――何歳ぐらいに結婚したいとか、ありますか?

筧:今はまだまだ未熟だから想像できないですけど、う〜ん、30歳前後になったら、良い人がいれば、いつでも。フフフ。

 そして、いずれ結婚したら、海の見える家に住んで、毎朝、海の向こうにある朝日を浴びるのが、将来の夢だと語ってくれた筧さん。本コーナーには約1年ぶりの登場でしたが、さらに一歩、大人の女に近づいた感じがして、ますます魅力的な女性になられていました。今後、どんなふうに成長していくか、目が離せません!

●ポラロイドプレゼント●
筧美和子さんのポラロイドをご応募いただいた方の中から抽選で1名さまにプレゼント!下記ページから必要事項をご記入の上お申し込みください(※会員登録が必須となります)。
応募する

かけい・みわこ
1994年3月6日、東京都生まれ。AB型。T164-B89W60H85。2012年デビュー。13年に放映されたバラエティ番組『テラスハウス』で注目を集める。現在は女性ファッション誌『JJ』の専属モデルとしての活動を中心に、『まれ』などのドラマや、ラジオ『アッパレやってまーす!』(MBS)、「グリコ朝食りんごヨーグルト」などのCMに出演するなど、幅広く活躍中。

関連記事(外部サイト)