若槻千夏と藤田ニコルが芸能界イジメ実態を激白!?

若槻千夏と藤田ニコルが芸能界イジメ実態を激白!?

記事画像

 9月25日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に、モデルの藤田ニコル(18)が出演。タレントの若槻千夏(32)と、モデル界や芸能界の裏側について語る場面が見られた。

 若槻とニコルは新旧渋谷系おバカギャルとして「サンジャポにこにこMAP」という企画で、渋谷の飲食店を巡りながらトークを繰り広げていたのだが、そこに合流したのがティーン向けファッション雑誌『Popteen』(角川春樹事務所)の人気モデル、“なちょす”こと徳本夏恵(18)だった。徳本は今年5月に『Popteen』でモデルデビューをしたところ話題になり、10月号では表紙モデルを務めた、ニコルのライバル的存在。徳本の紹介時に若槻が「二人は仲良しなの?」と聞いたのだが、ニコルはそっけなく「仲は良くはないです」と答えていた。その後、ニコルと徳本が二人で務めた表紙の撮影時の話になり、ニコルは「表紙撮影のとき、私のヘアメイクさん直してくれなかったもん。みんな、なちょすばっか」と不満を述べると、若槻は「なに? すげぇでかいバックがいるの?」と質問。モデル界の力関係に関心を見せていた。

 その後、ニコルが若槻に「グラビアとかやってたじゃないですか? 上の先輩方とかから意地悪されたとか?」と、グラビアタレント界のウラ事情を聞くと、若槻は「山ほどあります。むっちゃあります」と回答。さらに現在も活躍しているタレントから「ドンドンドンって(楽屋に)来て、”ねぇアンタさあ、なんでこんなしょっちゅう(番組に)呼ばれんの?”みたいなこと言われて、“いや分かんないですけど、スケジュールが合ったからですかねえ”みたいな」と答えたところ、「“○○さんに抱かれてんでしょ!?”バンッて閉めちゃって。うわあ怖っ!」と、嫉妬されたあげく枕営業を疑われたことがあったと告白。ニコルらを驚かせていた。

「元祖おバカタレントとして復活した若槻ですが、いまや急増しているおバカタレントのご意見番的存在になっていますね。この日も最近、売り出し中のぺえ(年齢非公表)が芸能活動をすることの不安を口にしたのですが、真剣な表情で聞いていました。普通のタレント業だけでなく、今後はコメンテーター的な仕事も増えてくると思いますよ」(民放局ディレクター)――おバカタレント界の頼れる姉御!?

関連記事(外部サイト)