NHK「イノシシの刺身」に批判殺到! 専門家も注意喚起

NHK『あさイチ』で"イノシシの刺身"が紹介され批判殺到 肺吸虫症やE型肝炎リスクも

記事まとめ

  • NHK『あさイチ』で"イノシシの刺身"が紹介され「危険すぎる」と批判が殺到している
  • 有働由美子アナは番組で「保健所が申請を受けつけたお店でだけ提供」と説明した
  • 有働アナが視聴者に注意するも、専門家は保健所が許可を出す根拠に疑問を呈した

NHK「イノシシの刺身」に批判殺到! 専門家も注意喚起

NHK「イノシシの刺身」に批判殺到! 専門家も注意喚起

記事画像

 9月27日放送の朝の情報番組『あさイチ』(NHK)で、“イノシシの刺身”が紹介され、放送後に「公共放送なのに危険すぎる」と批判が殺到する騒ぎが起きてしまった。

 イノシシ料理といえば鍋が一般的だが、沖縄県西表島の郷土料理として同番組で紹介されたのはイノシシの刺身。このなじみのない食べ方に疑問を抱いた視聴者が続出した。

 番組を見ていた『メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学』(光文社刊)などの著書がある科学ジャーナリストの松永和紀氏は、放送内容にいち早く反応。ツイッターで「イノシシの生食は、肺吸虫症、E型肝炎等のリスクがあります。絶対に生で食べてはいけない」と生で食べる危険性を語り、「イノシシの刺身の許可制度などあるはずもなく、提供しているのがわかれば厚労省のガイドラインに沿って“生はダメ”と指導しているそうです」と主張した。

 番組終了間際、有働由美子アナウンサー(47)が、放送内容に疑問を抱いた視聴者からのFAXを読み上げた後、「西表山を管轄する八重山福祉保健所によりますと、イノシシの生食は、保健所が申請を受けつけたお店でだけ提供ができるとのことです」と説明し、対象外の店では食さないよう視聴者に注意した。

 松永氏はこれにも反応し、「保健所はなにを根拠に許可するの? ウイルスは眼では見えません。一頭ずつ、さまざまなウイルスの検査をして確認している? 寄生虫を目視で全部チェック? 無理です。野生鳥獣の生食は危険です」と再び注意を促していた。

 この話題は多くのネットニュースにも取り上げられ、松永氏のツイートも拡散。「公共放送なのに危なすぎるわ」「牛も豚肉も生肉NGなのに、なんでもっと危なそうなイノシシ紹介したんだろ」「もっと責任もって放送してほしいわ」という非難の声が多数上がっている。今後のNHKの対応に注目したい。

関連記事(外部サイト)