筒井真理子「仕事の縁はありますけど、男性の縁はさっぱり(笑)」美女トーク

筒井真理子「仕事の縁はありますけど、男性の縁はさっぱり(笑)」美女トーク

記事画像

『花子とアン』など人気ドラマでも大活躍のベテラン女優・筒井真理子さんが登場。10月8日から公開中の出演映画『淵に立つ』は、カンヌ国際映画祭で「ある視点部門」審査員賞を受賞。撮影や授賞式の裏話から、面白すぎる素顔にまで、たっぷり迫ってきました!

――出演映画『淵に立つ』がカンヌ国際映画祭で、「『ある視点』部門審査員賞」を受賞されましたね。

筒井:私も授賞式には行ってきましたよ。もちろん初めてのことでした。

――行かれたご感想は?

筒井:レッドカーペットを歩いたときに「ホントに来たんだ!」ってとてもうれしかったです。カンヌの町自体が碧い海のそばにあって、町の人もすごく映画好きなんですよ。タクシーの運転手さんや学生さんなど、いろいろな方々に「映画見たよ」と声をかけてもらって。

――とても楽しかったんですね。

筒井:夜が遅くて、明け方の4時くらいになると、もうすごく盛り上がっていて、歓声で目が覚めちゃうんですよ。カンヌには10日間行っていましたけど、その間の1日の平均睡眠時間は2、3時間くらいでしたね。で、あるとき、着物を着てバーに行ったら「その着物いいわね」って声を掛けてくれた方がいて……。

――誰です?

筒井:それが、アニエス・ベーさんで!

――え〜っ!? 世界的に超有名なファッションデザイナーじゃないですか!

筒井:そう。もっと英語が話せたらなって思いました。カンヌにも一応、英語のスピーチは用意していったんです。結局、授賞式では深田晃司監督しか話す時間がなかったんですが。

――それは残念。

筒井:でも、大好きなイランのアスガル・ファルハーディー監督と、ちょっとお話できたので、やっぱり準備はしておくもんだなって。

――ちなみに、受賞作『淵に立つ』の内容はというと、郊外で町工場を営む鈴岡利雄とその妻・章江の前に、ある日、利雄の旧い知人・八坂が現れたことにより、家族が崩壊していく……といった物語ですね。

筒井:台本を読んだときに、私が演じた章江という女性のメンタルのアップダウンがものすごかったので、これは自分の気持ちだけでは追いつかないだろうなって、まず思いました。そこで、体のほうもちょっと変えたいと思ったので、深田監督に相談して、調整したんです。

――後半での激変ぶりはスゴイのひと言で、13キロも太ったそうですね。

筒井:ありがとうございます。撮影の前半と後半の間が20日間くらいしかなかったので、どれだけ変われるか心配でした。その間は1日、6食でしたね。

――えっ、6食も!?

筒井:朝昼晩を、全部1食ずつ増やしたんです。メニューも炭水化物中心にして。余ったお弁当も必ずもらっていました。で、最後は担々麺! 一緒に水餃子も頼んで、スープも最後まで飲んで。お店の方も不思議がっていましたよ(笑)。

――そりゃそうでしょ。いきなり量が増えて苦しくなかったんですか。

筒井:もう食べるのが辛かったですね。それに一日中眠いんですよ。食べ続けていたんで、糖尿病になるんじゃないかという恐怖があったくらい(笑)。

――そして、撮影が終わったら2週間で14キロ落としたそうですね。

筒井:ほぼ断食でした(笑)。

――見事な女優魂! 外見も、前半では明るめのロングヘアで服もカジュアルですが、後半は短めのボサボサ髪で、太って動きもヨタヨタ……という感じですね。

筒井:前半で大きな“事件”が起きて、章江の気持ちとしては、すべてに絶望してしまうんですよね。他人から見られることも、どうでもよくなったというか。それでの激変なんです。現場でも、体が変わると不思議としゃべり方も変わりました。

――映画ではシリアスな役どころですが、一転、8月にはバラエティ番組『有吉反省会』(日本テレビ系)にも出演されていましたね。

筒井:アハハ(爆笑)。ご覧になったんですね。ありがとうございます。ひどかったでしょ、ダメダメな感じが。

――そんなことなかったですよ。「日本史のCDを大音量で聴く」っておっしゃっていましたが、音楽じゃなくて学習系を聴かれるんですね。

筒井:そう、イヤホンで聴くんじゃなくて、大音量で流すの。正直、頭の中がパンパンになります。

――そもそもなぜ、そんなことを?

筒井:クイズ番組に出たときにうまく答えられなかったから、だったかな。ハズすとなんか悔しいじゃないですか。それで、“これはやらなきゃ”って思ったんです。けっこう真剣になりますね、負けたりすると(笑)。最近は、英語学習のCDも流したりします。ここ2、3年でアクターズ・スタジオで勉強された役者さんと親しくなって、しゃべる機会が出てくるようになって。まだまだ拙いんですけどね。

――ちなみに、番組内で「還暦までには絶対に結婚したい」という発言も。

筒井:したいですね〜! やっぱり、これまで贈ったご祝儀を回収したい……って、ヒドイですかね?

――なんとなく分からないこともないですけど(笑)。

筒井:一生のうち1回は、失敗してもいいからしておけば良かったかな、って思うことがあるんですよね。……なんかね〜、ときどき一人でご飯食べるのが嫌になるときがあるんです。

――わかります!

筒井:オフのときとか、一人だと面倒臭くなっちゃって、キッチンのカウンターに椅子を持って行って、お鍋炊きながら食べてたりする瞬間に“これはまずいゾ、これでいいのだろうか”って何か危機感を感じるときがあるんですよね(笑)。

――深刻なんですね(笑)。

筒井:だから、せめてご飯ぐらいは、誰か一緒に食べられる人がいればいいなあって。

――夫になる男性に望むことはありますか?

筒井:そんなに別にないですね。しいて言えば、ただ一つだけ……。

――何ですか?

筒井:料理が上手(笑)。

――何料理が希望ですか?

筒井:できたら和食かな。それだけでいいって言っておきながらけっこう、ハードル高いことを望んでるなって自分でも思います(笑)。でも、普通にお味噌汁とか作ってくれればいいんですよ。

――あと「ロケに行く度にお守りを必ず買う」ってお話もされていましたね。

筒井:そうなんですよ。ロケ先にあるパワースポットに行きたくなるんですよね。そこで、“縁結び”とかって書いてあると、なおのこと買いたくなっちゃうんです。甥っ子や姪っ子にもあげようと思っていっぱい買うんですが、なかなか会う機会がなくて、そのうち忘れちゃうんです(笑)。

――溜まる一方だ。

筒井:だから、年一回はごっそりお焚き上げをしてもらうんですよ。

――効果はありましたか?

筒井:仕事の縁はありますけど、男性の縁はさっぱり、ね……(笑)。

――なるほど。番組では「合コンしたい」ともおっしゃっていましたよね。

筒井:そうなんですよ。私、これまで合コンしたことがないんですよ。寂しいですよね〜。

――そんなに悲観に暮れないでください。

筒井:私ね、大学に入ったら劇団に入って、朝から晩まで立て看板を描いて公演をやっていたりして、そのままこの世界に入っちゃったんで、何も楽しいことをしていないんですよ。時代的には“サーフ&スノー”だったのに(笑)。

――理想の合コンのシチュエーションってあります?

筒井:ちょっとカジュアルなイタリアン。あまり気取っちゃうと嫌なのでね。人数も3人ぐらい……5人ぐらいがいいかな〜。みんな素敵だといいですね(笑)。

――なかなか欲深いですね。

筒井:ハハハハハ(笑)。だからダメなんでしょうね。

――年齢的には?

筒井:今や、この年になるとね、現場に行ったら全員年下っていうのがあって正直、驚くんですよ。だから、年上でも年下でも、どっちでもいいって言えばいいんですけど(笑)。

 見目麗しい筒井さんですが、話すととてもフランク。そのギャップがますます魅力的でした!

●ポラロイドプレゼント●
筒井真理子さんのポラロイドをご応募いただいた方の中から抽選で1名さまにプレゼント!下記ページから必要事項をご記入の上お申し込みください(※会員登録が必須となります)。
応募する
筒井真理子 つつい・まりこ
10月13日、山梨県生まれ。AB型。T162。1982年早稲田大学在学中に鴻上尚史主催の劇団「第三舞台」に在籍し、活動開始。1994年に映画『男ともだち』で主演デビュー。以降、多くの舞台、映画、ドラマ、バラエティ、CMなどで幅広く活躍中。最新作は映画『かぐらめ』『Love of Love』(主演)、NHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』、漫才コンビ『つつまつ』を結成など様々な顔を持つ。

関連記事(外部サイト)