SMAP中居は解散後も高値? 人気芸能人の「最新ギャラ事情」

SMAP中居は解散後も高値? 人気芸能人の「最新ギャラ事情」

記事画像

 視聴率低迷に予算削減。テレビ界の荒波をものともせず大金を稼ぎ出すスターたち。その額はハウマッチ!?

「あの小堺一幾(60)が『ごきげんよう』(フジテレビ系)で稼いだギャラの総額は約20億! 一見地味でも、帯番組の司会が一番オイシイ仕事であることがハッキリしましたね」(芸能記者) 小堺が9月29日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)で、前身の『いただきます』と合わせて31年間司会を担当した『ごきげんよう』で稼いだ金を明かした一件は、視聴者には衝撃的だったはずだ。

 スタート当初こそ給料制だったそうだが、小堺は1番組だけで毎年約6450万円もの大金を稼いでいた計算になる。“小堺クラスでそれなら、あの大物たちは、どうなのよ?”と思うのが人情。そこで、本誌取材班は人気芸能人のギャラを独自調査し、最新情報をお届けする。

 帯番組の司会といえば、『笑っていいとも!』(フジ系)の司会を31年半務めたタモリ(71)は外せない。「ピーク時のタモリのギャラは1時間番組1本につき300万円といわれたもの。月〜金の『いいとも』の司会をサラリーマン以上に勤勉に務め上げた結果が、合計120億円といわれる莫大な額になったわけです」(テレビ誌記者)

 他にも多数のレギュラー番組を抱えていたタモリだが、『いいとも』なくして現在の“資産家タモリ”の姿がなかったことは確かだ。「タモリは都内・目黒の一等地に土地百数坪、地上3階建ての豪邸を建て、総額7000万円といわれるクルーザーやヨットを購入。伊豆には別荘、福岡にも不動産を所有するお大尽ですからね」(夕刊紙記者)

 タモリとともに“お笑いBIG3”といわれるビートたけし(69)や、明石家さんま(61)も番組1本のギャラは300万円。もちろん、業界の最高値だ。「たけしさんも水曜日以外は、各局でレギュラー番組を持っていますからね。今でも相当、稼いでます」(制作会社ディレクター)

 その点、やや異変が目立つのが明石家さんま。31年続いた『さんまのまんま』(フジ系)が9月25日の放送をもって終了した。打ち切りの背景には高額なギャラがあったとされ、さんま本人もラジオで、「もう制作費が出ないんですね。今の放送局は不景気だから。オレ、ギャラが高いねんな。頑張って下げたりもしたんですけど、もう下げ切れずという感じ……」と苦しい胸の内を語った。

「『さんまのまんま』は関西テレビの制作ですから、予算もシビアなんでしょう。ただ、今のテレビ局は不景気で、どこもコストカットが至上命題です。大物を司会者に起用したしわ寄せが他の出演者、特に若手芸人のギャラに反映されることは珍しくありません」と解説するのは芸能評論家の三杉武氏。「ときには大物芸人のギャラを割り引く代わりに、バーターで若手芸人を出演させるという手が取られます」(前同)

『スッキリ!!』(日テレ系)の司会を担当して10年になる加藤浩次(47)も、帯番組で財を成したクチ。4年前に地上2階、地下1階、7LDK100坪の“5億円豪邸”を建てたのは明らかに『スッキリ!!』効果。もっとも、加藤本人はバラエティ番組で、“5億もしてないよ。3億もしない。今ローンの残りが8500万円ある”とぶっちゃけてましたけどね」(前出のテレビ誌記者) 加藤のギャラは、1回推定80万円と思ったほど高くはないが、塵も積もれば何とやら。

 同じく朝の時間帯でシノギを削っているのが『とくダネ!』(フジ系)の小倉智昭(69)。ギャラは推定150万円と加藤の倍だが、「先日、薬物違反の容疑で逮捕された俳優に、不透明な資金援助を行っていたことを『週刊文春』に報じられましたが、これをフジ上層部はかなり問題視しているようです。今秋の改編は間に合わなかったものの、来春には“小倉切り”があると局内ではもっぱらです」(放送作家)

 その点、SMAPの解散発表を経ても高値安定を継続中なのが中居正広(44)。「MCの腕はピカイチ、数字も獲れる人気者なのに『金曜日のスマたちへ』(TBS系)のギャラは推定180万円と、コストパフォーマンス抜群なのが強み。特にTBSは、過去に『うたばん』を立ち上げた音楽・バラエティ番組の制作部長が“何があっても中居を守っていく”と宣言したそうです。リオ五輪のキャスターに彼を起用したり、五輪テーマ曲をSMAPにしたり、“中居派”の姿勢を鮮明に打ち出しています」(民放関係者)

 芸能ライターの織田祐二氏も中居の活躍には太鼓判。「中居クンに限ってはジャニーズを辞めた途端にギャラが下がったり、干されたりする心配はなさそう。最近、さんまは“キムタク派”と宣言しましたが、中居にもタモリ、鶴瓶との深い絆がある。芸能人生命は安泰ですね」

 今年3月で『報道ステーション』(テレビ朝日系)を降板した古舘伊知郎(61)は、秋の番組改編で、フジの2番組『フルタチくん』(日曜19〜21時)、『トーキングフルーツ』(火曜深夜)に出演することが決定。「かつて、フジの『夜のヒットスタジオDELUXE』とF1中継で実績を残した古舘に“夢よ、もう一度”と託したんでしょうが、『フルタチくん』が放送される日曜ゴールデン枠は裏に人気番組が集中する超激戦区。期待通りの結果を出すのは簡単ではないでしょう」(三杉氏)

『報ステ』時代は、制作費として年間30億円弱がテレ朝から古舘プロジェクトに支払われており、そのうち12億円が古館のギャラだったとされている。「『報ステ』は前任者の久米宏のギャラが高過ぎたため、古館を抜擢しましたが、結局は高くついた。月1億は破格。フジでの仕事はゴールデンの2時間で300〜350万円程度でしょう」(前出の制作会社ディレクター)

 一方、ギャラが急騰したのが、昨年、小説『火花』で芥川賞を受賞したお笑いコンビ・ピースの又吉直樹(36)。「所属事務所の吉本興業が、テレビ各局に“ギャラを3倍にしてくれ”と申し入れ、承諾されたといいます。便乗して、相方の綾部祐二(38)のギャラも3倍になったそうです」(芸能記者) 持つべきものは良き相方ということか。

 一方、政界引退後、初のレギュラー番組として『橋下×羽鳥の番組』(テレ朝系)に出演している橋下徹(47)は、タレント弁護士だったときよりもギャラが大幅にアップ。1時間番組で300万円と、タモリやさんまクラスになった。「“日テレ育ち”の橋下氏を引っ張り出すにあたり、テレ朝が誠意を示したということ。強い影響力を持つ橋下氏は得難いタレントですから」(前出の織田氏)

 そんな橋下は、「相当貯め込んでいるそうです。政界復帰のための資金にするのでは」(前出の放送作家)という声も。だが、4月、同番組にゲスト出演した、みのもんた(72)のギャラは500万円だったというから驚きだ。「テレビは前例主義なので、勢いを失ったといえど値下げしづらいんです」(前同)

 10月改編では女優のギャラも気になるところだ。秋ドラマでダントツのギャラ女王に輝いたのは『ドクターX〜外科医・大門未知子』(テレ朝系)主演の米倉涼子(41)だ。「7月放送のスペシャル版も最高視聴率25.5%、平均22%と絶好調。満を持しての第4シリーズ開始とあって、米倉のギャラは1話400万円超え確実。破格の500万円とも言われています」(テレビ誌記者)

 大ヒット映画『シン・ゴジラ』で米政府高官の日系人美女に扮した石原さとみ(29)は、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日テレ系)に主演。「これまで1本120万円といわれていた石原のギャラは前クールの『家売るオンナ』(日テレ系)に主演した北川景子(30)と肩を並べる140万円に達した模様。旬なうえ、数字も持ってるだけに、妥当な評価でしょう」(前同)

 同様に、ギャラアップが期待されるのが、NHKの朝ドラ『とと姉ちゃん』で高視聴率を叩き出した主演の高畑充希(24)。「朝ドラは主演でも1話15万円と格安ですが、知名度が得られると思えば痛くない。今は民放でも50〜70万程度ですが、今後の活躍次第では、『花子とアン』主演の吉高由里子(28)のように1本180万円クラスになる可能性も」(芸能記者)

 最後はフリー女子アナ。4月にフジを退社した加藤綾子(31)は現在、フジの番組にしか出ていないが、「“退社後3年は他局には出演しない”という密約があるそうで、見返りとして、フジはフリー女子アナの通常のギャラより高い50〜60万円をカトパンに払っているそうです」(放送作家) “カトパンとはメル友”と公言するフジの亀山千広社長との関係は相変わらずよく、「出演依頼を社長が直接メールすることもあるとか。当面は安泰でしょうね」(前同)

 一方、“出血大サービス”中なのが、14年にTBSを退社した田中みな実(29)。「ギャラは格安の20万円という“薄利多売”戦略が功を奏し、バラエティ番組5本に出演しています。10月からは、東京MXテレビの『ひるキュン!』のメインMCが決まりましたが、ここはギャラの安さで有名な局。マツコ・デラックスでさえ、1本10万円で出ています」(別の芸能記者) だが、今やギャラ相場は180万円ともいわれるマツコが、ブレイクするきっかけになったのも同局。「マイナーな局で帯番組の司会を引き受けるのは新しいし、賢い選択」(織田氏) 今後、大化けもある!?

 ちなみにフリー女子アナ界のギャラ女王は、実はフジOGの高島彩(37)。「1本80〜100万円で司会の仕事以外、受けない。ただしピークは過ぎたので、今後は値下げしないと露出が減るかも」(前出の制作会社ディレクター)

 やっぱり芸能人って、儲かるんですねぇ……。

関連記事(外部サイト)