関根勤「日本から出て行け!」脅迫被害を暴露!

関根勤「日本から出て行け!」脅迫被害を暴露!

記事画像

 9月28日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)に、お笑いタレントの関根勤(63)が出演。過去に脅迫を受けていたことを、ライムスターの宇多丸(47)らに明かす場面が見られた。

 この日のトークテーマは、作詞家の秋元康(58)が、ツイッターで殺害予告をされたことについて。宇多丸はこれに「こういうことやると今時、逮捕されますよって意識がなく、ぶちまけちゃってんでしょうね」とし、深い考えもなくやってしまったのではないかと推察していた。

 これを受けて関根は自身の経験として「“殺す”までは言われたことないんですけども、ハガキいただきましてね。“日本から出てけ!”って言われた」と、かつて脅しを受けていたことを明かした。関根は続けて「僕の芸風狙ったんでしょうね。いつまでも子どもっぽいことやってんじゃないと」と、その理由を分析。さらに「子どもっぽいことをやってるのは認めますよ。でも好きか嫌いかは、不快に思ったらしょうがないから謝りますよ、その人には。ただ日本は出て行けませんよ。事情があるから」とコメントし、身勝手な脅迫に対し立ち向かう姿勢を見せていた。

「SNSの普及で芸能人と簡単につながることが可能になった結果、脅迫や誹謗中傷など、トラブルもまた増えています。悪意を持った人間にまともに反論しても、こじれるのがオチ。事件性のあるものは別ですが、そのようなものには取り合わずにスルーするのが、これからの芸能人に必要なスキルなんだと思いますよ」(芸能誌記者)――最近の芸能人はいろいろ大変。

関連記事(外部サイト)