加護亜依の“愛妻のり弁”に、ファンほっこり「幸せそう!」

加護亜依の“愛妻のり弁”に、ファンほっこり「幸せそう!」

記事画像

 今年の8月に再婚をした元「モーニング娘。」の加護亜依(28)が、夫に作った愛妻弁当を5日のブログで披露した。この日、「旦那さんにお弁当を作ってあげようと思い準備していまーす!」という言葉とともに写っていたのは、緑のお弁当箱にのりが一枚入った写真。

 どうやらのり弁を作る前に撮られた1枚のようで、その日の午後に更新されたブログでは完成版も披露された。加護は「お見せできるような立派なお弁当ではないですが……」とコメントしているが、半熟卵入りのすき焼き煮など、手作り感あふれるお弁当に仕上がっている。この愛妻弁当、旦那さんからも好評だったようで「『美味しい!』のメールもらって一安心しましたー」と喜びをあらわにした。

 アイドル事情に詳しい芸能誌ライターは、「前のご主人とはイザコザがあって、はた目に見てもとても幸せな家庭とは言い難かったんですが、加護本人が再婚のときに“やっと幸せをつかんだ気がする”とコメントした通り、最近の彼女はとても順風満帆でなによりですよね」と感慨深げに語る。加護の離婚経験を知るファンは、現在の家庭風景が幸せそうに見えているようで、「幸せそうでよかった! 旦那様羨ましすぎる!」「加護ちゃんがいい奥さんやっとる! なんだか嬉しいな〜」「旦那さんにお弁当作ってあげるとか、立派に奥さんやってるね!」とSNSや掲示板などで祝福のコメントが広がった。

 別の日のブログやツイッターでも、ホームベーカリーでパンを焼いたり、ぬか漬けを作っている加護。夫や娘に「頑張ってね」の意味を込めてお弁当を作る、などといったことも明かしており、すっかりいいママになっているようだ。

「再婚発表の直筆FAXで、入“籍”を入“箱”と漢字を間違えるおっちょこちょいな部分にネットでツッコミを入れられてましたが、現在はお腹の中に第二子がいるということで、これからさらにママとして成長していきそうです」(前出の芸能誌ライター)――ブログもまめにチェックする必要がありそうだ。

関連記事(外部サイト)