パチンコに「闘争心」って必要? 出玉に結びつくのか検証してみた!

パチンコに「闘争心」って必要? 出玉に結びつくのか検証してみた!

記事画像



アドリブ兄「パチ&スロ 軍資金3000円で巨万の富を目指す男」
第17回 VS聖戦士ダンバイン



 日刊大衆をご覧の皆様、十七度目まして。たったの3000円を元手に、パチ&スロで巨万の富を目指してやろうじゃないかと、鼻息フンフンで始めた当コラム。入れ込みすぎなのか、あと一歩というところでスタミナ切れする結果が続いております。でも、本当にあと一歩、キッカケ次第で“大爆発”する可能性はあると思っています(注:爆発するのは財布じゃないよ)。あと少し、ほんの少し何かが足りないんだよ。

 僕に足りないものは何か? そんなことを考えてみると、思い当たることが1つ。僕には切磋琢磨するライバルがいない! 思えば、この連載が始まってからずっと1人実戦。マンガや映画でも、成功する主人公には良きライバルや手強い敵がつきもの。誰かと競い合うことで、自分の力が高まったり、実力以上のモノを発揮できたりする。

 僕も誰かと3000円でパチンコ対決すれば、もしかするとすごい結果を導くことができるんじゃないか? 名付けて「内に眠れる闘争心で、巨万の富を引き出せ!」大作戦です。じゃあ、誰と戦うか? 相手は……ヤツしか考えられない!

プルルルル……プルルルル……
「編集のBだけど」
「お疲れ様です! いきなりなんですが、僕とパチンコ勝負してくれませんか!」
「え、なになに、どうしたの?」
「誰かと競い合うことによって、僕の奥底の眠れる獅子を呼び覚まそうと思いまして」
「え、眠れる脂肪?」
「脂肪じゃなくて獅子を! いや脂肪もあるけど、獅子もいるんですよ!!」
「あ、そう。パチンコで出玉対決ってことね。別にいいよ」
「ありがとうございます! では当日!」

 よし、承諾取りつけた! このコラムの担当である「編集B氏」。僕が毎回汗と涙と鼻水を垂らしながら、3000円であくせくパチンコパチスロ打ってるのに、いつも電話をプチッと切ってくる男。アイツもちょっとは3000円で勝負する難しさをわかったらいいんだよ。そんでアイツに出玉勝負で勝って、ギャフンって言わせてやりたい。うん、どちらかというとライバルとか眠れる獅子とかではなく、なんとか一泡吹かせてやりたいという気持ちしかなかった!

 ということで、某日の夕方、東京新宿の某店にて待ち合わせ。
「アド兄さぁ、今日は軍資金3000円の出玉対決だよね。罰ゲームとかあったほうがおもしろくない?」
「あ、そうですねぇ……じゃあ僕が勝ったら、今後この企画のギャラを5000円にしてください!」
「お、大きく出たねー。じゃオレが勝ったら焼肉ね。店内暗めのシャレた焼肉」
「え、お、あ、はい」

 店内暗めのシャレた焼肉といえば、おそらくはサービスカルビなど置いてないお店に違いない。これは「絶対に負けられない戦い」になってきたよ!

 さっそくバトルスタートと、店内に入るやいなや、ねり歩いて勝負台を吟味する編集B氏。店内の甘デジコーナーを一周して、編集B氏が選んだのは『デジハネCR聖戦士ダンバイン』。大当たり確率約99分の1の甘デジながら、一撃大量出玉も狙える破壊力を持つこの機種を選んでくるあたり、勝負をかけている感がビシビシと伝わってきます。

 そして自分はといえば、B氏の隣の『ダンバイン』に着席。今回の作戦のキモは「闘争心」。つまり競い合う相手を視野に入れるのが一番! 



 ニッコリと記念写真を撮りつつ、打ち始める前に心の中でこう思うわけです。「この勝負、普段から3000円という限られた中で戦ってきた自分に分がある。さぁ、目にもの見せてくれようじゃないか!」 隣でドカドカ出して、相手の心をバキバキにへし折ってやる。そう、勝つのは……俺だっ!

17時55分 打ち始め。
18時01分 2000円目投入。
18時06分 3000円目投入。
18時10分 何も起きないまま終了

 ……えーっと、俺の闘争心はどこいった!? いつもと一緒じゃん! 隣を見るとB氏も同じくらいの時間で3000円を使い切った様子。当然何事も起こらず終了。

「ね、Bさん……3000円で勝負するのって難しいんですよ?」
「うんうん、そうね。じゃあ今のリハーサル。仕切り直して、ちゃんとやろうか」

 リハーサルとかちゃんとやろうとか意味が分からないけど、勝負続行は都合がいい。ぜんぜん納得いかないし、何より勝負がついてない。答えはもちろん「いいでしょう」だ。Bさんが、3000円勝負のはかなさに恐怖を感じているだろう今がチャンス。こっちは、こんなはかない勝負をずっと重ねてきてるんじゃあ! 場数の違いを見せつけてやるわ!

 と、2回戦がスタート。僕がそのまま『ダンバイン』を打ち続けると、B氏は席を立って台移動。向かった先を追うと……『CR SUPER電役ナナシーDX』!?



 大当たり確率は破格の約66分の1。『ダンバイン』のような一撃はないけれど、とにかく当たりやすく、コツコツと出玉を積み重ねていくスペック。……なんだこの人、本気じゃねーか!? いや勝負だから当たり前なんだけど、ガチすぎない? いや、ますます負けられーん!!

18時15分 打ち始め。
18時26分 3000円目終了。

 ……何にも起こらず終了。いつも通りというか、ついさっきもやったばかりのヤツ。B氏のほうを見てみると、やはり大当たりすることができずに、3000円終了した模様。

 えーっと、相手と競り合うことによって眠れる闘争心を引き出すとはいったものの、なんかダメなほうで競り合ってない? いや、あまりにアッという間で、競い合ってる実感すらないよね。これはもう引き分け……いや、ないない。思い出せ、何のために勝負を挑んだかって、自分が勝つため、そして巨万の富をつかむためじゃないか。

「Bさん、このままじゃあアレなんで、最後に同じ台に並んで座って勝負しませんか?」
「そうだね。どうせならさ、お互い打ったことない台に座ってみようよ」

 と、2人で店内を周回し、目に留まった『CRAベルサイユのばら 遙かな時を超えて』に並んで着席。大当たり確率が約89分の1、オーソドックスな甘デジスペックの台です。時刻は18時30分。どんな結果になろうがこれが最後の戦い。このまま当たらずに終わるつもりなんてない。絶対に当ててやる! 


(C)池田理代子プロダクション

 打ち始めると、なにやらB氏の台から派手な音。お互い初打ちの台なので、演出もさっぱりわからないまま眺めていると、ガッシャーンと派手な役モノ完成。あれ、なんかこれってアツそうじゃない……?





 えええええええ!! 大当たり!? えっウソ、ここで当てちゃうの?

 打ち始め4回転目。投資500円。まさか貸玉ボタン1回押しただけで当てるって……。というか、なんで自分じゃないの!? 台本があるならばここは自分が当てる場面でしょうに!(涙)

 いや待て。予想だにしない先制攻撃で慌てたけど、冷静に考えるとこの機種は当たりやすいぶん、連チャンはしにくいスペック。B氏が1回当てたとはいっても、まだまだ逆転の目はある! ……はずだったけども。



 10回転の確変(ST)中に大当たりするわ。15ラウンドの大当たりもぎ取るわ。ST抜けても時短中に引き戻すわ。B氏の連チャンが止まらなーい! 「ボキッ」 コラム用に写真を撮るたびに、親指を突き立ててポーズをとるB氏を見て、自分の心が折れた音が聞こえたのは何連目のことでしょうか。



 そしてノーヒットのまま、またもアッという間に3000円を使い切った僕を横目に、B氏の出玉はモリモリ増えるばかり。気持ちよさそうな彼を羨ましげな目で見守ること十数分。終わってみれば、一撃9連チャンで、十分すぎる出玉が計数されていました。



「500円でも、甘デジでも、出るときは出るよなぁ。まぁリハーサル含めて3回勝負しちゃったけど、その分含めても全然プラスだからね。毎回毎回勝つことはまぁ無理だとしてもね、軍資金3000円でも、巨万の富を目指して十分勝負はできるってことだよ!」

えぇえぇ、返す言葉もございません。勝負って残酷だよね。

今回のギャラ:−9000円
今回の反省点:オシャレな焼肉店は、うまいが高い。

(次回に続く!?)

■アドリブ兄 プロフィール
1979年東京都生まれ。ニコナナチャンネル『回胴フラグティエ』という番組にて、月に4〜5回ホール実戦の様子を生放送でお届け中。得意技は“ホール内無想転生”という名の乱れ打ち。 4時間で17台触ったのが自己最高記録。

関連記事(外部サイト)